2015/09/08

便利な『ペアリング』にひそむ落とし穴とは?

  • 58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペアリングされたマウスとキーボード

ペアリングはペアの現在分詞で、ペアにすること、2つのものを組み合わせることを意味するが、ICT用語でペアリングという場合は、ワイヤレス通信規格のひとつであるBluetoothを使って、機器と機器の接続設定を行うことを指す。たとえば、パソコンとマウスやキーボード、スマートフォン、あるいはスマートフォンとハンズフリー通話用のヘッドセットなどを最初に接続する際に、互いを認証する作業がペアリングだ。一度ペアリングを済ませれば、次からは電源をオンにするだけで自動的につながるから、イメージとしてはバーチャルな接続コードで機器と機器を結ぶことだと思えばわかりやすいかもしれない。それぐらい簡単ということ。

ペアリング方法

Bluetoothで機器同士を初めて接続しようとすると、こんなふうに「ペアリング」を促される。一度ペアリングをしてしまえば、次からは面倒な手続きもなく自動的に機器同士は接続されるのだ

実際、「接続設定」、「認証」というと身構えるかもしれないが、ペアリングの作業に特段知識や技術は必要ない。まずは、それぞれの機器をペアリングモードにして、たとえばパソコンとマウスなら、パソコン側でマウスを検知するので、それを選択して有効にすればいい。また、スマートフォンとヘッドセットなら、選択する際にパスキー入力画面になるので、ヘッドセットの取扱説明書にあるパスキーをスマートフォン側で入力すればいい。さらにパソコンとスマートフォンなら、片方で任意に設定した4桁以上のパスキーを相手機器の方でも入力すればいい。基本、Bluetoothはワイヤレス接続を意識せず、常時接続を想定した規格であるため、ペアリングも混線せず、手軽に機器同士をつなぐことを重視しているのだ。

とはいえ、その便利さは取りも直さず、セキュリティが甘くなることをも意味する。たとえば、ノートパソコンからスマートフォンに接続してメールをのぞき見することは、ネット上にあるノウハウと悪意があれば難しいことではない。過剰に心配する必要はないが、使わない時は、Bluetooth機能をオフにするぐらいの対策はとっておいた方がいいだろう。セキュリティーを棚上げしても、通常、Bluetoothをオフにすることは、バッテリーを無駄に消耗しないためにもマストの習慣とすべきである。

文:高倉功次郎

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん