2015/07/24

インターネットの“住所”枯渇問題を解決する『IPv6』

インターネットに接続しているすべてのコンピューターには識別番号が振られている。それがIPアドレスというもの。いわば、データを送ったり送られたりするときの住所だと考えればよい。この住所の決め方や送受信の方法を取り決めたものがIP(インターネットプロトコル)。IPv6とは、これのバージョン6という意味である。

現在はバージョン4であるIPv4が世界中のコンピューターの住所を決めていて、これは3桁の数字(十進法で0〜255までの数字)のブロックが4つ並んだものとして表示される。例えば、「123.45.67.89」(0は省略されるので、045は45となる)という具合だ。「あれ? インターネットの住所はドメインじゃないの?」と首をかしげた人もいるかもしれない。ごもっとも。実は、正式な住所はこの数字の羅列のIPアドレスのほうであり、ドメインはいわば、住所を覚えやすくするためのニックネームなのだ。DNS(ドメインネームサーバー)という世界中に設置されているデータベースで、ドメインからIPアドレスへと変換されて、データが送受信されるというわけだ。

さて、このIPアドレスの枯渇という危機が、以前より問題となっていた。IPv4は、255までの数字4ブロックから成り立っているので、当然、数に限界がある。計算すれば、256×256×256×256=4294967296で、およそ43億個のアドレスしか準備できないことになる。人類の数がおよそ60億人だから、これでは一人ひとりに行き渡らない。スマートフォンの登場でさらにインターネット人口は増大しているのだから、いつかIPアドレスが不足して大変なことになるのは明らかだったのだ。

そこで、この枯渇問題を解決すべく新たに開発されたのがバージョン6、つまりIPv6というわけだ。住所は、次のように8ブロック4桁の16進数の数字で表される。

2001:c900:0ab0:0000:0000:1234:5678:0000

一目見て、当分枯渇しそうにないほどの数字の長さに見える。実際、何個の住所を用意できるかというと、約340兆×1兆×1兆個。これを日本語の数の単位で書き表すと、約340澗(かん=1036)個となる。ちなみに、単位を順番に書いていくと「一十百千万億兆京垓秭穣溝澗......」となるので、どれくらい巨大な数かが分かるだろう。

IPv6を利用するには、コンピューターやルータなどの機器が対応していなくてはならず、またISP(インターネット・サービス・プロバイダー)の対応も必要だ。パソコンはOSレベルで対応が進み、Windows VistaおよびWindows7以降では最初から対応済み。MacOSでは10.2から対応済みだ。

また、新しく開発されたIPなので、セキュリティー機能が標準で用意されていたり、IPv4では手動だったIPアドレス設定が自動で行われたりなど、多くの優れた特徴も備えている。現在、すでに一部でIPv6が使われているが、今後はIPv4に代わってどんどんIPv6が利用されていくことになるだろう。

文:太田 穣

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook