2020/05/27

Bluetoothは複数接続できる? 『マルチペアリング』『マルチポイント』など違いを解説

  • 38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イヤホンやマウス、スピーカーといった外部機器と、スマホやPC、タブレットを無線で接続するBluetooth。煩わしいコード類から解放してくれる便利な通信技術だが、なぜイヤホンは1機種づつしか同時に接続することができないのに、たとえばイヤホンとマウスだったら同時に接続することができるのか、疑問に思ったことはないだろうか。

Bluetooth機器は1台のスマホに同時に複数接続できるのか、できないのか?

その鍵を握るのは、「マルチペアリング」や「マルチポイント」、「デュアル Bluetooth」といった機能だ。進化を遂げ、便利だけど少々ややこしい、これらの機能について解説する。

「マルチペアリング」とは?

まずは「マルチペアリング」について説明しよう。そもそも「ペアリング」とは、スマホなどの親機とBluetooth機器で登録作業を行い、お互いを認識させること。これは機器同士の通信の安全を確保するのが目的で、原則としてBluetooth機器はペアリングをオンにしないと利用できない。

そしてマルチペアリングは、1台のBluetooth機器に対し、複数の親機を登録する機能のこと。たとえば、1つのBluetoothイヤホンにスマホ、タブレット、音楽プレーヤーといった複数の親機を登録し、設定を記憶させることが可能だ。

マルチペアリングのイメージ

従来のBluetooth機器は親機を1台しか記憶できず、親機を切り替えるときにはペアリングをやり直さなければならなかった。しかし、マルチペアリングならその手間はかからず、スムーズに親機を切り替えられる。スマホやタブレットを複数持ちしている人はもちろんのこと、家族で1台のBluetoothスピーカーを共用したい場合などにも役立つだろう。

ただし、そのBluetooth機器に複数の親機を同時接続することはできない。使用時の出入力における親機と子機の関係は、あくまでも1対1だ。なお、マルチペアリングできる台数は製品ごとに決まっている。上限を超えた場合は、登録した日時が古い親機から順番にペアリングが削除されるので気をつけたい。

「マルチポイント」とは?

続いては、マルチペアリングをより強化してくれる「マルチポイント」について紹介する。こちらはマルチペアリングした複数の親機を、1台のBluetooth機器に同時接続できる機能だ。

マルチポイントのイメージ

たとえば、ひとつのBluetoothイヤホンに2台のスマホを同時接続しておけば、どちらのスマホに着信があってもBluetoothイヤホンで対応できる。電話番号の異なるスマホを、仕事用と個人用で使い分けている人などに重宝するだろう。ほかにも「PCで動画視聴に没頭していて、スマホの着信に気づかなかった……」というケースを防いだり、音楽プレーヤーからお気に入りの曲を流しつつスマホで通話したりもできる。

また、マルチポイントで同時接続できる台数も製品ごとに決まっている。マルチペアリングの上限よりも少なく設定されていることが多いので、製品の購入時にはあらかじめ確認しよう。ちなみに、同時接続する機器が多いほど、Bluetooth接続も不安定になりやすいためご注意を。

Bluetooth機器は種類ごとに「プロファイル」が割り当てられている

Bluetooth機器は一般的に「ヘッドホンとスピーカー」「スマートウォッチとカーナビ」など、種類の似ている機器を同時に使うことができない。

実は、Bluetooth機器には種類ごとに「プロファイル」が割り当てられており、同じプロファイルの機器を同時に使用することはできない。ヘッドホンとスピーカー、スマートウォッチとカーナビは、いずれも同じプロファイルの機器なのだ。音声やデータの出入力、通信など、近い機能のものはプロファイルも同じ場合が多い。

逆にイヤホンとキーボードなど、異なるプロファイルの組み合わせなら同時に使えるようになっている。主なプロファイルは以下の通り。

Bluetoothのプロファイル

製品のプロファイルは多くの場合、メーカーの公式サイトや取り扱い説明書などに記載されている。Bluetooth機器の同時接続を考えるなら、プロファイルの“被り”が発生しないように注意しよう。

「デュアルBluetooth」対応機器なら、同じプロファイルの同時接続が可能

ただし、同じプロファイルのBluetooth機器でも同時に使用できる場合がある。それが「デュアルBluetooth」だ。こちらは、スマホなどの親機に2つのBluetoothチップを内蔵することで、同じプロファイルの機器での同時接続を可能にしたもの。

デュアルBluetoothはさまざまなシチュエーションで活用できる。たとえば、ヘッドホンで通話しながらスピーカーでBGMを流したり、2種類のイヤホンを同時に使用して音質を聴き比べたり……。また、スマートウォッチやスマートバンドの愛用者はもちろんのこと、複数のBluetooth機器を持ち歩いている人にとっても、いちいち使用中のデバイスの接続を切らなくても別のデバイスを使えるのは快適だろう。

デュアルBluetoothの対応機器は少ないが、たとえばSamsungのGalaxy S8には「デュアルオーディオ」機能が実装されている。Bluetoothでペアリングした2台のオーディオ機器に対し、同時に音楽を出力できる。つまり、イヤホンとスピーカー、イヤホンとヘッドホンなどの組み合わせで、同時に音楽を流すことが可能なのだ。

Galaxy S8の「デュアルオーディオ」機能

このように、従来のBluetooth機器につきものだった煩わしさを解消しながら、これまでにない使い方も可能にしてくれるBluetoothの複数接続機能。Bluetooth接続する製品を選ぶ際には、本記事を参考に複数接続機能の有無を確認し、上手に使いこなしていこう。

文:佐藤宇紘

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん