2018/09/12

iOS 12『ARKit 2』の使い方って? 複数人でAR空間を共有できる新機能も

  • 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2018年秋にAppleがリリースするiOS 12は、これまで以上に便利で役立つ機能が盛りだくさんだ。なかでも拡張現実と呼ばれる、現実の空間に仮想の物体や写真、CG、アニメーションなどを表示して動かせる「ARKit 2」は、未来感あふれる機能で今まで以上に現実とバーチャル空間の境界をなくし、お出かけやお買い物、ゲームから勉強など、幅広いシーンで活用できる。

ARKit 2アイコン

ARKitとは? 今あるARKitの利便性や役立ち場面をおさらい

ARKitはiPhoneやiPadで使えるARアプリの開発やAR機能を使えるようにするためのプラットフォームのこと。昨年秋にリリースされたiOS 11の目玉機能のひとつとして注目を集めた。

たとえばARを使ったゲームは現実空間にCGやアニメーションでキャラクターを表示したり動かしたりでき、部屋の中で野球やサッカーをプレイしたり、夜空に星座を重ねたり、あるいは自分の顔に動物のキャラクターを重ねて自然に会話ができるようにしたりするなど、さまざまな使い方ができる。

また、表示された映像を変更したり動かしたりするのも簡単で、たとえば部屋に新しいインテリアを置いてコーディネートをシミュレーションすることが可能。カメラに映った画像を認識する機能もARの特徴のひとつで、カメラで写した英語の看板に日本語の翻訳を重ねて表示するといった便利な使い方もできる。

ARのイメージ

ARKit 2で進化したポイント

iOS 12にあわせて追加されるARKit 2は、最初のバージョンから3回目のメジャーアップデートとなり、さらに便利で役立つアプリやツールが開発できるようになる。

カメラで写した空間を正確に測る計測アプリケーションや、そこにある物体を検出したり、カメラの動きにあわせて画像を追跡したり、現実とバーチャルを融合させたアプリやツールを開発するのに必要なさまざまな機能が統合されていて、新しいアイデアを実現することができる。以下に、ARKitから進化した代表的な3つの特徴を紹介する。

①アプリを中止した後もAR体験がそのまま継続できる
ゲームやインテリアのシミュレーションなどを途中でいったん終了しても、あとで再開できるアプリケーションを開発できるようになった。たとえば、サッカーのゲームアプリをしている途中で中断しても、その後に同じ状態から再開することができる。

またインテリアのコーディネートアプリなどは中断と再開が簡単にできるのでじっくり時間をかけて取り組めるし、パズルなど時間がかかるゲームアプリでも、途中で中断してもあとで続きから開始できたりするようになるのだ。

②共有可能なAR体験
これまでARは、バーチャルな画像やアニメを実際の空間の中に違和感やズレがないように見せるため、特定の角度や位置から見なければならなかった。だがARKit 2では、複数のユーザーがそれぞれのiOSデバイスでARコンテンツを同時に表示したり、マルチプレイヤーゲームを楽しんだりできる

ARKit 2 共有可能なAR体験

たとえば同じARゲームを複数のユーザーで一緒にプレイしたり、ひとつの部屋を友達と一緒にレイアウトしたり、またそれらの様子をプレイヤー以外が見ることもでき、より多くの人たちと一緒にAR体験が共有できるようになるのだ。

ARKit 2 共有可能なAR体験

今後は、バーチャル美術館の展示をみんなで一緒に楽しんだり、プロのアドバイスを受けながら服のフィッティングをするといったこともできるようになる。

③オブジェクトの検出とトラッキング
ARKit 2ではポスターやアート、看板などの2D画像だけでなく、おもちゃや彫刻といった3Dのモノも検出できるフルトラッキング機能を追加。つまり、壁に貼られている、机に置かれているなど、平面かつ静止している状態のもの以外に、製品の箱や雑誌の表紙など、立体的なもの、動くものが対象であってもAR体験を組み込めるようになるのである。

この機能を応用した専用のメジャー(計測)アプリも標準搭載予定で、現実世界のモノのサイズを、カメラを通してすばやく計測できるようになる。たとえば以下の画像は、スーツケースをカメラに写し、長さ、高さ、奥行きを計測したもの。これを使えば、たとえば家具やインテリアなどを購入する前にサイズを確認することができるようになるのだ。

立体的なスーツケースの長さや高さを計測

ARKit 2で革新的なアプリの続々登場に期待

ARそのものはiPhone以外のスマホやウェアラブルグラス、カーナビゲーションなどでも使えるが、iOS12のARKit2はアプリ開発のしやすさで、ARならではの面白いアプリがどんどん登場することが期待できる。また、iOSアプリを開発するSwiftを使えば、未経験者でもARアプリづくりにチャレンジできるので、ARKit 2を使った革新的なアプリの登場や、思いもしなかった構想が展開されていくことが楽しみだ。

文:野々下裕子

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん