2018/03/22

デススターみたいなデモで話題に! 「絶対にぶつからないドローン」は最先端技術が満載

  • 11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドローンの人気が高まる一方で、撮影中に障害物に建物にぶつかったり、ほかのドローンにぶつかったりするという事故があとを絶たない。衝突事故を起こさない技術は主に自動車向けに開発されてきたが、ドローンでも必須になっているのは間違いない。

フランスのCEA-Tech(フランス原子力・代替エネルギー庁)の付属機関であるLeti(電子情報技術研究所)は、自動運転自動車向けに開発していた3D衝突防止ソリューションを応用した技術「360 FUSION」を搭載した世界初のドローンをCESで公開した。

周囲360°の障害物の距離を計算し、絶対にぶつからないよう設計

Letiは最先端のレーザーセンサーをベースにした衝突防止アルゴリズムを独自に開発。ドローンは空中を飛びながら、前後左右360°方向で障害物や対象物の距離を正確に計算し、ぶつからないように位置を修正できるのだ。

ドローンにはレーダーのほかににライダーやカメラなど6つのセンサーが組み合わされていて、GPSなどを使わず空中を飛びながら正確な位置で即座に計算することができる。もともと自動運転自動車に使うほどのかなり高度な技術であり、計算に必要な電力量も大きくなるところだが、360 FUSIONは消費する電力量は少なく、かつ全体的に低コストに抑えられるのが大きな特徴になっている。

しかも衝突防止に必要なセンサーの重さはたった40グラムしかないので小型のドローンにも搭載できるというわけだ。CESでは手に持てる大きさのボールの中に小型のドローンを入れて飛ばし、ボールを動かしても縁にぶつからず、常に中央のポジションを維持し続けるデモを見せて来場者を驚かせた。

ドローンの応用範囲が拡がるなかで、ぶつからないLetiの技術はドローンに標準搭載される技術になるかもしれない。

文:野々下裕子

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん