2016/10/11

ボールはともだち! サッカー少年のプレイを記録するInsideCoach

テニスのラケットに装着するセンサーや、ゴルフのクラブ、グローブに装着して、スイングの様子を記録する製品など、プレイを記録するスポーツ用ガジェットが増えている。やみくもに練習するだけではなく、今の状態をプレイヤーにフィードバックすることで、効率的に上達するのが目的だ。

※T&Sで取り上げたゴルフクラブの記事はこちら
3次元ゴルフ・スイング・アナライザー

インサイドコーチ(InsideCoach)は、内蔵したセンサーでプレイを記録するハイテク・サッカーボール。キックのインパクトやボールの回転、位置や飛んだ軌道、タッチやパスの回数などを検出する。

画像提供:InsideCoach

データはスマートフォン用アプリ(iOS/Android)とWi-Fiで通信して記録する。ボールはワイヤレス給電で充電すると4時間使える。一応は防水のようだが、メーカーは濡れた状態での長時間使用を推奨していない。ボールは8歳から12歳用の4号と、12歳以上用の5号の2種類。クラウドファンディングのKickstarterで資金調達に成功している。定価185ドル(早期割引で129ドル)で、出荷は2016年12月から2017年1月を予定している。

連動するスマートフォンアプリは、子ども向けとコーチ向けの機能があり、子どもたちがサッカーを楽しく続けられ、かつ強くなるようにコーチングするのを支援する。子どもたちはチームメイトとドリブル競争などのミニゲームの記録を競ったり、記録を遡って成長を実感できる。また、コーチ向けには、それぞれの選手向けの個別プログラムメニュー作成を支援する機能が提供されている。

画像提供:InsideCoach
画像提供:InsideCoach

サッカーは競技人口が多く、途上国の子どもたちも大勢プレイしている。蹴られたボールの回転などのエネルギーで発電・充電するボール「SOCCKET」は、ソーシャル・イノベーションの好例として名高い。

一方で、先進国の子どもたちに練習を続けさせるには、さまざまなインドアの楽しみ、たとえば、テレビゲームやSNSなど、「中毒性」のあるものに打ち勝つ魅力が必要だ。サッカーの練習をスマホやタブレットの画面上で振り返ることができれば、テレビゲームに似た感覚で子どもたちの興味をかき立てるかもしれない。

文:WirelessWire News編集部

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook