2015/10/30

Wi-Fiで壁の向こうを透視?

画像提供: National Instruments

人質を取って立てこもる犯罪者。しかし、見えない壁の向こうには人質がどのように拘束されているのか、犯人が何人いて、どのように配置されているのか分からず、身動きがとれない警察。そこにさっそうと現れた主人公が壁の向こうを透視し、救出作戦を指揮して突入する......。SF映画ではよくあるワンシーンだ。

人質が閉じ込められた部屋にWi-Fiのアクセスポイントがあれば、壁を透視できるヒーローがいなくても、壁の向こうの犯人の居場所が分かるようになるかもしれない。そんな技術の開発が進められている。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者チームが開発したシステムは、Wi-Fiや携帯電話など、さまざまな場所に普通に飛び交っている電波を利用して、ドップラー・シフト、つまりは周波数のわずかな変化を検出することで、厚い壁の向こう側にいる人の動きを「見る」ことができる。もちろん、壁の向こうにいる悪い奴の動きを察知するだけではなく、商業施設や駅、そのほかの交通機関、観光地、イベント会場など、さまざまなシチュエーションで、壁の向こうの人の流れを知るために利用することができる。

壁の向こう側の人を検知した例(画像提供: National Instruments)

以前から、Wi-Fiを使って壁の向こうの様子を探るさまざまな研究が行われている。たとえば、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のYasamin Mostofi教授は、2台の台車型ロボットを使って、四角い壁で囲われた中にどのような形の物体があるのか「見る」システムを開発している。1台から発した電波を、四角い壁の向こう側を並走するもう1台に送り、受信した信号を分析する。同教授のチームは、Wi-Fiの電波だけで、カメラの映像を使わずに、付近を歩いている人の数をカウントするシステムを開発している。また、マサチューセッツ工科大学(MIT)のDina Katabi教授らは、Wi-Fiの電波を壁越しに室内に向けて発射し、反射波を使って中の様子を視覚化するシステムを研究している。

UCLのWi-Fiドップラーレーダーがこれらの技術に比べてユニークな点は、受信機さえあれば、後は日常の生活空間に普通に飛び交うWi-Fiの電波を利用して検知できること。壁の向こうにある人質の救出だけでなく、子どもや高齢者の見守りなどさまざまな技術に応用できそうだ。

文:信國謙司

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook