2015/10/02

教会も注目する無料Wi-Fiの求心力

Place of Worship by Kavian Borhani (CC-BY)

スペインのマドリッドにあるサン・アントン教会は、最近になってフリーWi-Fiと、大型のワイドスクリーンTV向けライブ・ストリーミングの提供を始めた。バチカンのライブ映像を視聴することができるほか、映画やレポート番組も配信される。さらに、iPad用アプリも開発していて、神父と信徒が行う告解を、タブレットの画面を介して行うことができるらしい。告解は映像ではなく、テキストでのやり取りになる。

イギリスでは、イングランド国教会(16,000カ所)すべてにWi-Fiを導入する計画が今年1月に発表されている。同じころ、「キャッツ」や「ジーザス・クライスト=スーパースター」などのミュージカルの作曲で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバー男爵も、イギリス全土の教会にWi-Fiを導入するように呼び掛け話題となった。

かつて、教会は人々が集まる場所だった。単に祈りや祭礼、告解などの宗教的な目的だけでなく、商人たちが商談をしたり、ビジネス情報を交換したりする場としても使われていたそうだ。椅子があって好都合だったのかもしれない。

Wi-Fiは人を呼ぶ。特に、若い世代を教会に誘う力を持っている。このことが、教会へWi-Fiを整備する動機になっている。冒頭のサン・アントン教会では、ペットを連れて入ることも許されている。サン・アントンは動物好きの聖人として知られているようだ。入口には無料Wi-Fiやペット可などを知らせる看板が掲げられている。

無料Wi-Fiといえば、外国人観光客向けの施策として取り上げられることが多いが、教会のWi-Fiは、単に外国人観光客に少しでも多くのお金を落とさせるための施策、というわけではなさそうだ。

文:信國謙司

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook