2015/05/25

セスナ機内もカバーする低軌道衛星Wi-Fi

各国の旅客機が、有料または無料のサービスとして取り組んでいる機内Wi-Fiの提供。上空から地上にあるセルラーの鉄塔と通信する方式では、接続が不安定でエリアも限定されるため、衛星と通信する(米gogo社など)方式が主流になりつつある。しかしこの方式は、機体の上部に頑丈な衛星用アンテナを取り付け、機内のアクセスポイントと配線するため、大掛かりな工事が必要なのが課題だ。

そんな中、NASAや米国防総省などにも製品を納入している企業ハネウェルが、もっと手軽なシステムの開発を目指している。衛星インターネットのスタートアップであるOneWeb社(旧称WorldVu)と提携して進めているこのシステム。約20億ドルの資金を集めて、2019年から2020年までには地上750マイル(約1,200km)の低軌道に684基の衛星を打ち上げて世界をカバーしようとしている。静止衛星(約35,786km)よりもずっと低い軌道のため遅延が小さく、小型機に搭載するアンテナも小型で済むのが利点だ。旅客機だけでなく、単発エンジンのセスナなど小型機も高速インターネット接続が可能になるらしい。ただし、実現は早くて4年後というから相当先だ。

OneWebがターゲットにしているのは、小型機だけというわけではない。そもそもは(かつてイリジウムが目指したように)世界を低軌道衛星で覆い、アフリカその他の世界各国に安価にインターネット接続を届けることが目的だ。創業者のGreg Wyler氏は2002年に着想を得て、O3bネットワークスという企業を創設。中軌道(8,000km)で12基の衛星を運用し、サービスを提供している。

ちなみにO3bとは、Other 3 Billionの略で、地球の人口の中でネット接続手段を持たない「残りの30億人」という意味。実績のある人物が率いるスタートアップだけに、OneWebにはクアルコムやバージン・グループも出資するなど期待が集まっている。

文:信國謙司

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook