2015/05/21

ネコがインスタグラムを投稿? ニャンスタグラムでのぞくネコの秘密

ネコが好きな人にとって、彼らの自由気ままな行動は興味深いもの。何を考え、どういう目線で人間を見つめているのか、気になったことがある人は多いのではないだろうか。

そんな発想をもとにした夏目漱石最初の長編小説『吾輩は猫である』は、ネコの視点から明治の人々の人間模様を描いた名作であるが、「Catstacam」はキャットフードなどを販売するWhiskas Australia社が提供する飼いネコ用のウエアラブルカメラである。

その名から分かるとおり、「cat」+「Instagram」+「camera」の造語である「Catstacam」。日本語に訳すなら「ニャンスタグラム」といったところか。ネコの首輪に装着することで、ネコの視点で写真を撮り、インスタグラムに自動的にアップする。ネコがシャッターを切るのではなく、ネコの動きを検知して自動的に撮影された写真がWi-Fi経由でアップロード(1分につき6枚まで)される仕組みだ。

ネコの様子を写真に撮るのが好きな人は世界中にたくさんいて、ネコはインスタグラムだけでなく、FacebookやTwitterなど写真をアップロードできるソーシャル・メディアの被写体としては圧倒的な存在感がある。しかし、ネコの写真はあくまでも人から見たネコの様子。「Catstacam」はネコが何を見ているかを知らせてくれるのだ。放し飼いにしているネコなら、仲間のネコや人の通れない狭い場所、近所の意外な場所などが写るかもしれない。また、あなたのネコがよその家の勝手口から、お魚くわえて逃げ出す証拠写真が残ってしまうかもしれない。

「Catstacam」がネコの視点で撮影した写真。写真提供:Whiskas Australia

現在のところ、プロモーション・キャンペーン用のノベルティのため市販はされておらず、Whiskas Australia社の顧客などに限定的に配布されている「Catstacam」。気になる「Catstacam」でネコが投稿した写真は、インスタグラム上で「#catstacam」のハッシュタグにて閲覧することができる。

「Catstacam」の一般発売は未定だが、それまではよそのネコの視点で、ネコが見ている世界の秘密を楽しもう。

文:信國謙司 サムネイル写真提供:Whiskas Australia

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook