2016/10/12

カメラに全然詳しくない筆者が、『Galaxy Gear 360』で、お手軽360°動画を撮影してみました

YouTubeでの360°動画が話題になっていますが、これらの動画は、「全天球カメラ」と呼ばれる360°の撮影ができるカメラで撮影されたもの。前後(もしくは上下)2つのレンズがそれぞれ180°ずつ撮影し、画像処理でつなげると、360°の動画を楽しむことができるというもの。

※Facebookも開発に本気! 「全天球カメラ」とは?

そんななか、Galaxyが2016年7月15日、Galaxy Gear 360の国内発売をスタート。丸いフォルムがユニークなGear 360は、スマートフォンと連動し、4K相当の高解像度で360°動画や写真が撮影できるとのこと。

編集部のパイセンによると「オマエごときのカメラ初心者でも、コレなら簡単に360°動画を楽しむことができるよ」とのこと。それならばと、動画どころかカメラ初心者の筆者が、生まれて初めて360°動画の撮影に挑戦してみました。

約1,500万画素の2つのカメラ

球体状のボディには、前後に搭載された、大きな2つの広角レンズ。横3,840×縦1,920ピクセルで、4K相当の動画と、3,000万画素の写真(iPhone 7‎のメインカメラは1,200万画素)の撮影が可能とのこと。

まん丸ボディの前後に2つのレンズ。手のひらに収まるサイズです。目玉おやじさんみたいでかわいいです

コンパクト設計&防滴・防塵性能を搭載

本体サイズは、約60.1(W)×56.3(H)×66.7(D)mmで、重量は約152g(バッテリー含む)。同梱スタンドを装着してバッグに入れておいても、まったく気にならないサイズです。また、Gear 360の本体は防滴・防塵性能を備えているため、ケースなどを装着せずに、水場などの環境においても、安心して使用できます。バッテリーとメモリーカードの取り付け、充電を行う側面部分のフタにも防水・防塵処理が施されてます。

シンプルな操作方法

本体の電源キーを長押しすると、ピコピコという音と共に起動し、ステータスライトが点灯します。上部のメニューキーを押すと、「ビデオ」「カメラ」「タイムラプラス」「ビデオルーピング」「設定」のモードが切り替わります。

左/カメラモード。右/録画可能時間や撮影可能枚数、電池残量を表示。撮影中もひと目で確認できるので便利です

BluetoothでGalaxyとラクラク接続

まずは、アプリ「Gear 360 マネージャー」をインストール。本体のメニューキーを「Gear 360 Manager」と表示されるまで長押しし、OKキーを選択することで、ペアリングモードになります。

あとは、アプリの指示にしたがって・・・・・・ペアリング完了! おぉ、確かに簡単!

ワンタッチで360°撮影

OKボタンを押すと、すぐに撮影がスタートします。スマートフォン側で動画のサイズやタイマー、明るさ、ホワイトバランス、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)の設定ができるので、シーンに合わせて最適な撮影を楽しめます。

また、デュアルレンズモードでは、プレビューモードを変更することも可能。デュアル表示、パノラマ表示、360°表示と、さまざまな視点から同じ写真や動画を確認することもできます。たとえば、"YouTubeに動画をアップしたいからパノラマ表示、Instagram用に撮影したいから360°表示でチェック"と、SNSごとに合わせた使い分けも可能です。

左/360°表示。中/デュアル表示。右/パノラマ表示

360°写真は、撮影をしてスマートフォンで再生することで、自動的にステッチ処理(つなぎ処理)を実施。3秒ほどで360°パノラマ写真が完成します。

360°動画は、編集なしですぐに360°動画として再生が可能。スマホなら画面をタッチして、PCなら画面をドラッグすれば、クルクルと周りを見回すことできます。ここまでの操作で、わからないところは一切ありませんでした。なるほど、これなら初心者でもなんとかなる!

現時点では対応機種はGalaxyのみですが、私ごときのカメラ初心者でも、4K画質相当の360°撮影が簡単にできるのは魅力的。秋の行楽シーズンに、思い出をユニークなビジュアル&ムービーで残せる相棒として、連れて出かけてみてはいかがでしょうか?

文:長浜優奈/中澤範龍(EditReal)

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook