TS デジカル情報部

2018/04/09

意外と知られていない? 高音質で無料通話ができる「FaceTime」の上手な使い方

  • 153
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LINEやSkype、Facebookメッセンジャーなどのビデオ通話は今や当たり前のコミュニケーションツールとなったが、「FaceTime」もそんなビデオ通話アプリのひとつだ。Appleの製品に最初からインストールされていて、2010年にサービスを開始している。当時iPhone 4に搭載されて話題になり、公式WebサイトやCMでデモ動画が流れていたので、ご存知の方も多いだろう。

知っていてもなかなか使う機会がない、という人のために、今さら聞けないFaceTimeの使い方や便利な機能、料金などについて紹介していこう。

インカメラでにっこり笑う女性

FaceTimeは「ビデオ」と「音声のみ」の2種類

FaceTimeで通話したいときは「電話」アイコンか「FaceTime」アイコンのいずれかをタップして立ち上げ、連絡先から通話相手を選択する。

iPhone「電話」アイコンと「FaceTime」アイコン 左/「電話」アイコン 右/「FaceTime」アイコン

FaceTimeはMac OSとiOSで動いている端末ならすべて対応していて、Android端末やWindowsにかけることはできない。FaceTimeを使えるのはiPhoneやiPad、Mac BookといったiOS端末のユーザー同士のみだ。

相手がApple製の端末を使っていれば、連絡先に「FaceTime」欄が自動的に表示される。ガラケーやAndroidを使っている相手ではこの欄が表示されない。なお、相手の電話番号がわからなくても、Apple IDに登録しているメールアドレスがわかればFaceTimeは利用できる。

Appleユーザーの連絡先画面とFaceTime非対応の端末ユーザーの連絡先画面 左/Appleユーザーの連絡先 右/FaceTime非対応の端末ユーザーの連絡先

FaceTime欄には「ビデオ」マークと「受話器」マークがある。ビデオはビデオ通話のことで、受話器は音声のみの通話だ。

連絡先からFaceTimeをかけるための画面

いずれかのマークをタップすると、画面が切り替わって呼び出し音が鳴り始める。ちなみに、音声通話をしている途中でビデオ通話に切り替えることはできるが、ビデオ通話を音声通話に切り替えることはできないので注意しておこう。

FaceTimeが使えないときは、機能がオフになっているかも

そのほかは電話機能と使い勝手はだいたい同じ。FaceTimeを使っているときに着信があっても割込通話ができるので、FaceTime通話を切って新しい着信を受けられるし、着信を拒否してFaceTime通話を継続することもできる。

FaceTimeを使いたいけどなぜか使えない、という人は、FaceTimeの設定がオフになっている可能性がある。[設定]にある[FaceTime]をタップしてONにしよう。Apple IDでサインインできていたら、着信用のメールアドレスと電話番号が表示されるはずだ。

FaceTimeの機能をオンにする設定画面

ほかのビデオ通話アプリと一線を画すのは、その高音質

FaceTimeは携帯電話の回線、Wi-Fiどちらでも利用できる。Wi-Fiを利用すれば無料で通話ができるが、携帯電話の回線を利用する場合はほかの無料通話アプリと同様、データ通信料が発生する。データ通信料はFaceTimeをかける側と受ける側、両方に発生する。

世の中にビデオ通話アプリはたくさんあるので、FaceTimeじゃなくてもいいという人もいるだろう。しかし、FaceTimeがすごいのはその音質。クリアで、音声の遅延もほとんどない。せっかくiPhoneを使っているなら、ぜひFaceTimeの快適な通話を体験して欲しい。

文:吉田 努

CLOSE

さん