2018/03/20

飛散情報や症状レベルもわかる! タイプ別オススメ『花粉症対策アプリ』

心地よい春の風が吹く季節は、同時に“あの季節”でもある……。そう、今年も花粉シーズンが到来。今年の花粉飛散予想は前年150%(関東)とも言われているのだ。

とはいえ、春は花見などイベントごとも多く、外に出ないのはもったいない。花粉症の人は、このツラい季節を乗り切るためにさまざまな対策をとりたいところだ。

そこで今回は、花粉対策に役立つオススメのスマホアプリと最新ガジェットを紹介。今シーズンの花粉対策に役立ててほしい。

【対策1】敵を知るべし! まずは花粉の飛散情報をチェック
可愛い本格派! 細かい飛散情報までわかるアプリ「花粉メーター」

花粉対策としてまず知っておきたいのは、どこにどれだけ花粉が飛んでいるのか? という花粉の飛散情報だ。

iPhone専用花粉予報アプリ「花粉メーター」は、市区町村単位の花粉飛散情報(全国約1,900カ所)を、簡単にチェックできる。今、自分がいる場所、これから向かう場所にどれだけの量の花粉が飛散しているのかがひと目でわかるのだ。

飛散量の表示も可愛いネコのキャラクター「マロ」が「花粉メーター」で、花粉の量の「少ない」「多い」「猛烈」を5段階で教えてくれる。マロの表情や背景の色もその飛散状況よって変わり、文字も大きいので非常にわかりやすい。

「花粉メーター」アプリ画面1

また、「花粉知識」を選択すれば、「今年の花粉飛散量予測」や「花粉数のランク(メーターの説明)」のほか、「花粉の多い日と時間」や「花粉を防ぐ方法」など、花粉にまつわる豆知識も教えてくれる。

「花粉メーター」アプリ画面2

さらには天気予報(天気、気温、降水量)も合わせて表示。「週間花粉」では、1週間先までの花粉飛散情報と天気予報も教えてくれるので、薬を飲んでおくなどの対策や、花粉状況を加味したうえでのお出かけや旅行の予定を立てるのにも便利だ。

「花粉メーター」アプリ画面3

【対策2】己を知るべし! 自分の花粉症レベルを知っておこう
順天堂大学医学部眼科お墨付きの花粉予防アプリ「アレルサーチ」

花粉症の症状レベルは人によってさまざま。対策には、自分の花粉症がどのレベルなのかを知ることが重要だ。

そこでおすすめなのが、順天堂大学医学部眼科が開発した、花粉症予防に役立てることができるiPhone専用アプリ「アレルサーチ」。(アプリ開発支援:メディカルローグ株式会社)

これは花粉症研究のために開発されたアプリで、自分の花粉症の自覚症状アンケートやQOL(生活の質)アンケートに回答したり、iPhoneカメラを使って目の赤みを撮影することで、その状態を画像診断し、その日の自分の花粉症レベルを数値化してくれるというもの。その日その場所での自分の花粉症レベルがわかるわけだ。

左/花粉症の症状やQOLに関するアンケート 右/目の赤みを画像診断 左/花粉症の症状やQOLに関するアンケート 右/目の赤みを画像診断
花粉症レベル 今の自分の花粉症レベルがわかる

ほかに、ユーザーから集められた花粉症レベルの情報をマップ上に表示する「みんなの花粉症マップ」では、どの地域にどのくらいの花粉症レベルの人がいるのかがひと目でわかったり、気象庁・環境省から発表される花粉飛散情報、PM2.5や黄砂の大気汚染情報を表示し、花粉症の原因になりうる環境要因をチェックすることも可能だ。

「みんなの花粉症マップ」「花粉、PM2.5、黄砂の大気汚染情報」画面 左/みんなの花粉症マップ 右/花粉、PM2.5、黄砂の大気汚染情報

このアレルサーチは、花粉症研究に向けたモニタリング機能も搭載しており、蓄積されたビッグデータを医学的に解析することで、今後の研究に生かすのだという。アプリを利用することで、将来的に優れた治療や技術を生むかもしれないというのは、花粉症に悩む人たちにとっても嬉しいことだ。

【対策3】環境を知るべし! 家の中に入り込んだ花粉をキレイに除去
超高性能コンパクト多機能空気清浄機「Zunion」

花粉が多く飛散する季節は室内でも油断できない。人の出入りがあれば、空気中に飛んでいる花粉は容赦なく室内に侵入してくるし、外出時に髪の毛や服に付着した花粉を家の中に持ち込んでしまうことも。そんな時にはやはり、空気清浄機で室内の空気をキレイにしたい。

そこで、花粉対策として最後に紹介するのが、縦110✕横110mm、厚さ37mmという手のひらサイズの超高性能コンパクト多機能空気清浄機「Zunion(ズニオン)」。このZunionは、2つの高性能フィルターを採用し、花粉のような超微細粉塵の97%を除去。300万個以上のマイナスイオンを放出する「デュアルプラズマ機能」により、「周囲の空気を森林の100倍も浄化」してくれるという。

「Zunion」製品画像

ターボモード、ノーマルモード、スリープモードの3つのモードの切り替えが可能で、部屋の電気が消えたことを照明センサーが感知すると、スリープモードに切り替えてくれる。光がない場合はマイナスイオンのみを放出し、電気が点灯すると自動的に通常モードに戻る。

さらに本体上部はスマホ用のワイヤレス充電器機能が搭載されていて、Qi対応したスマホなら、載せておくだけで充電が可能。背面にはUSBポートも付いているため、Qi対象機種でなくてもUSB接続によってスマホの充電ができたり、USBファン、USB加湿器などを使用することもできる。

本体上部にスマホ用のワイヤレス充電器機能(Qi)が搭載されている「Zunion」

※サポートされるデバイス(Qi対応機種) ・Galaxy Note7/Note5/S8/S8Plus/S7/S7 Edge/S6/S6 Edge/S6 Edge+ ・iPhone 8/8Plus/X

こちらは今年1月から「Makuake」にてクラウドファンディングを開始した商品で、目標金額を大幅に超える資金調達に成功し、商品化が決定。現在予約受付中で、販売は2018年4月10日を予定している。

外付けバッテリーを接続すれば、ポータブル空気清浄機としても使用できるとのこと。コンパクトサイズなので、家の中で使う空気清浄機としてだけではなく、車の中やオフィスなどに持ち込んで使うこともできる便利なガジェットだ。

製品名/Zunion
メーカー/CANTERA合同会社
価格/13,800円(税込)

花粉症に悩む人にとっては、1秒でも早く症状を軽減したいところ。マスクやメガネ、薬だけでなく、今回紹介したアプリやガジェットを生活のなかに取り入れて、この季節のストレスを軽減してほしい。

文:安東 渉(EditReal)

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook