2015/11/12

使い終えたiPhoneが、オシャレなスタンドライトとしてよみがえる

画像提供:Ivan Zhurba

新しいiPhoneを買うとき、新機種にわくわくしながらも、今まで使っていた旧機種をどうするか、頭を悩ませる人は多いだろう。思い出がたくさん詰まったiPhoneを下取りに出すのもちょっと抵抗がある。結局のところ、バッテリーが放電するに任せて押し入れやクローゼット、机の引き出しの奥底にしまい込んで数年後に発掘、なんてことも。

まだ使える部品がたくさんあるスタイリッシュなiPhoneを、そんな扱いするのはもったいないと考える人は大勢いるのだろう。ウクライナの工業デザイナー、Ivan Zhurbaが考えたのは、スピーカー付きの照明器具として再利用する方法だ。

画像提供:Ivan Zhurba

片仮名の「コ」の字のような形のデザインで、中古のiPhoneを上の部分にスライドして装着する。iPhoneのLEDが斜め下に向くようにセットすることで、机の上やベッドサイドで使えるライトになる。今のところ、4、4s、5(5s)、5cの4タイプのみの対応となっているが、iPhone 6(6s)、6 Plus(6s Plus)や古い3G、3GSにも対応すべく開発を進めている。

Ivanさんは以前、このライトの3Dプリンター用データをKwanbioというサイトで販売していたが、コストがかかり過ぎてしまうということで、現在は終了している。今後はここ数カ月でiPhone Lampを大量生産し、展開していく予定とのことだ。

スマートフォンには、カメラ、大容量のメモリー、高速なプロセッサー、加速度センサーその他のセンサー、マイク、スピーカー、バイブレーターなどなど、小さくて高性能な部品がたくさん使われている。新しいモデルに買い替えたからといって、捨ててしまったり、使わずにしまったりせずに、新しい使い方を与えることで継続的に使用していけば、スマホも本望というものだ。こうしたアイデアは、これからどんどん必要になってくるに違いない。

文:信國謙司

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook