2015/04/06

IoTの火加減革命! スマートフライパンで、今年こそ料理男子になる

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この季節、ひとり暮らしとともに、自炊を始める人も多いのではないだろうか。どうせ自炊するならおいしい料理を作りたいけど、初心者にとって一番の難関は、「火加減」にほかならない。確かに料理は火加減ひとつでおいしくなる、という話は聞くけれど、慣れるまではコツを掴むのがなかなかにして難しいもの。

そんな人にオススメしたいのが、「Pantelligent(パンテリジェント)」というガジェットだ。内部に温度を測るセンサーが組み込まれた、まさにIoTでインテリジェントなフライパンである。調理中にフライパンの表面温度と加熱時間を読み取り、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンに測定データを送信して表示。料理ごとに適切な温度をアドバイスしてくれるのだ。

また、アプリには多数のレシピを掲載。材料や手順のほか、"どのタイミングで食材をひっくり返せばいいか"なども細かく具体的に教えてくれる。これなら初心者でも失敗することなく、また初心者でなくても、よりおいしく調理ができるようになりそうだ。

昨今では料理男子なんて言葉も耳にするけど、紹介動画によると、「Pantelligent」さえあれば料理男子どころか"マスターシェフ"になれるとか。自宅でホームパーティーを開いて、手づくりの料理をふるまえば、みんなから一目置かれること間違いなしだ。

「Pantelligent」の販売金額は、249ドル(約30,000円)。今夏発送開始予定だ。

文:小山田滝音

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん