2022/10/20

5Gができるまでにかかる期間とKDDIが大事にしていること

KDDIではお客さまに5Gを届けるため、今まで培ってきた技術と現場力を駆使して挑んでいる。5Gが使えるようになるまでには、企画、計画、開発、設計、工事の5工程あり、場所や地域にもよるが、構想してから少なくとも年単位の時間がかかる状況だ。

たとえばあるエリアを5G化するためには、大きく分けて、5Gの設備を新たに構築するパターンと、4Gの設備を一部活用することで比較的短期間で構築できるパターンがある。ほかにもバックホールと呼ばれる基地局同士をつなぐ光回線網を再構築するパターンなど、5Gエリアづくりには様々なやり方があり、構築期間も大きく異なる。

KDDI・auの5Gアンテナを工事している様子

なかには基地局の設置場所を新たに探すところから始め、建物・土地の所有者と交渉するなどゼロからの基地局建設になるケースもあり、エリアがある程度かたちになるまでには、構想してから3年程度かかることもある。

KDDIは少しでも早く5Gを届けられるよう、先にでき上がった5G基地局のアンテナや無線機に手を加えて、広範囲に電波が届くようにチューニングし、4G基地局の資産を活かすなど、日々お客さまにとって使いやすいエリアの設計を模索している。

JR東日本の山手線

ではその5G化する場所の選定については、どのように行っているのか。KDDIでは、4G LTEの基地局から得られるデータに加えて、auショップなど各地のKDDI担当者とも連携し、実際にその地域に住んでいる人の意見を聞いて、お客さまに身近な「生活動線」を重点的にエリア化を進めている。

そしてKDDIが5Gエリア化を進めるにあたり、大事にしていることが2つある。「面」と「品質」のこだわりだ。駅ホームでは5Gで動画をサクサク観られるが、電車に乗ると4Gに切り替わってしまうというような「点」でのエリア展開でなく、生活動線に沿った「面」としてのエリア展開を目指している。もうひとつの品質についても、実際に利用して5Gの通信速度が保てるよう、きめ細かな基地局設置を計画している。

お客さまに快適な5Gをご利用いただけるようきめ細やかに基地局を設置するKDDI・auの設置イメージ

また、実際に基地局を設置した後も、計画したエリアできちんと5Gが使えるか、実際にエリアに行きテストを行う。路上での歩行調査や道路上、鉄道では路線を何度も行き来するなど、お客さまの利用に問題がないかを現地調査している。

もし充分な品質が確保できていなければ、測定後にアンテナの角度を1度単位で調整したり、電波の強さを変えたり、新たにアンテナを設置するなど、 細かな調整などを行い常に改善し続けることで、 お客さまに満足いただけるエリアづくりを進めている。

全国で行われている電波品質の調査の模様

このようにすべての工程をひとつひとつ丁寧に行うことで、お客さまに寄り添ったエリアづくりを目指し、KDDIはこれからも通信基盤を構築していく。

※この記事は2022年3月28日の記事(https://time-space.kddi.com/au-kddi/20220328/3287)を再編集したものです。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。