2022/10/20

2020年7月に発生した豪雨災害 基地局復旧作業の全記録

近年増えている地震・台風・豪雨などの自然災害。そんな時にも通信をいち早く復旧できるよう、KDDIではどんな対応を行っているのか。2020年7月、熊本県を襲った豪雨災害を例に、その内容を紹介しよう。

2020年7月4日4時50分、気象庁が熊本県に大雨特別警報を発令。

令和2年7月豪雨により濁った熊本の河川

そのわずか1時間後には球磨川が氾濫。土砂崩れも発生した。その影響を受け、携帯電話基地局の電源や回線が喪失し、基地局が停波。災害での通信停止は、お客さまの命にかかわる危険性もある。

「お客さまの命のためにも、一秒でも早く、通信を復旧させるぞ!」

責任者が声を張り上げ、復旧チームがすぐさま現場に向かった。

令和2年7月豪雨によって土砂崩れが発生した道路

「道路が寸断されていて、これ以上先には進めそうにありません」

次々に上がる復旧チームからの報告は、現場責任者の頭を悩ませた。球磨川流域周辺では土砂崩れや道路の崩落によって、基地局に向かうのは困難だった。アンテナなどの通信に必要な設備をクルマに搭載した「車載型基地局」や、基地局の各設備を小型化して持ち運びができるようにした「可搬型基地局」を速やかに出動させた。復旧した地域もあったが、車で行ける範囲には限りがあり、一部の地域では、徒歩での移動も余儀なくされた。

令和2年7月豪雨による瓦礫道を歩く

この2020年7月の豪雨で停波したKDDIの基地局は、103局。その対応のために各地から集めた臨時の基地局(車載型基地局や可搬型基地局など)は、約80台。さらに停電対策として、移動電源車やポータブル発電機を46台配備した。

それら機材をもって、各々が復旧作業にあたっていく。被災地に充電設備や無料Wi-Fi設備を設置する者。瓦礫で車が通れないなか、重さ20kgのポータブル発電機を担ぎ、足元の不安定な山道を1時間半ほど歩いて基地局を目指す者。それぞれの持ち場で自分の役割を全うし、通信事業者としての責務を果たしていく。

令和2年7月豪雨で被災した方々の避難所

復旧にあたるなか、熊本県南部に位置する山江村や相良村など、土砂災害のため、徒歩で近づくことが危険な地域もあった。

令和2年7月豪雨による土砂崩れ

令和2年7月豪雨による土砂崩れ

「ヘリコプターから人員と物資だけを降下させることはできないでしょうか?」

無茶な要求ではあったが、KDDIは、災害時における協定を結んでいた陸上自衛隊西部方面隊に、ヘリコプターの出動を打診した。

KDDI九州総支社と陸上自衛隊西部方面隊のミーティング

もちろん、KDDI社員にヘリから降下したことがある経験者などいない。陸上自衛隊にも、未経験の通信技術者をヘリから降下させた経験などなかった。

だが、水が引いて、瓦礫が撤去されるのを待つことはできない。
過去に前例のない方法ではあったが、自衛隊の隊長も、近年の災害救助活動の経験から、被災地における通信の重要性を十分に理解していた。

「……わかりました。やってみましょう」

地上10〜15mの高さを飛ぶヘリコプター。KDDIの現地班4名が自衛隊員に抱き抱えられ、「孤立した地域のお客さまに電波を届ける」という1つの思いのもと、ヘリコプターから降下した。

自衛隊員から降下訓練を受けるKDDIスタッフ

当時、現場で復旧作業にあたった担当者はこう語る。

「私たちの仕事は通信環境を維持すること。今回の復旧では、陸上自衛隊西部方面隊や自治体の方々をはじめ、KDDIのさまざまな部門のスタッフと協力し合い、復旧対応にあたることができました。今後も、みなさんと連携しながら通信を守っていきます。」

毎年のように起こる自然災害。自然の大きな力に抗うことは容易ではないが、大災害が起こったときでも、通信があれば人々に「安心」を届けることができる。
だからこそ、少しでも早く通信を復旧できるよう、KDDIは災害にも強い通信ネットワークを構築し、通信を守り続ける。

※この記事は2020年8月25日の記事(https://time-space.kddi.com/au-kddi/20200825/2960)を再編集したものです。



この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。