2021/11/12

鬼滅の刃×auコラボを展開中!デジタルと融合したアニメの世界観を新体験

アニメ「鬼滅の刃」とauのコラボレーション企画「こころ、ゆさぶる 伍ノ世界。」が特設サイトとして公開されている。

「鬼滅の刃」は、架空の大正時代を舞台に、鬼に襲われて鬼と化した妹を人間に戻すため、「鬼殺隊」の一員として鬼と戦う主人公・竈門炭治郎の姿を描いた物語。原作は週刊少年ジャンプに連載され、単行本全23巻の累計発行部数1億5,000万部を突破。2020年に公開された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は日本国内での映画興行収入記録を19年ぶりに塗りかえた。

この劇場版と新シリーズの地上波放送で、『鬼滅の刃』が一段と盛り上がりを見せるタイミングに、今回のコラボレーション企画は実現。現在は「序章」が公開されている。

「鬼滅の刃」とauコラボのメイン画像

「序章」で楽しめるのは3つのコンテンツ。「鬼滅」の名シーンを名セリフとともに味わえる「名言再燃」、オリジナルのARフィルターでキャラになりきって撮影できる「拡張幻実」、そして提示される謎を解いてストーリーを進めていく「脱出任務 〜無限列車からの脱出〜」の3つだ。

auユーザーはもちろん、そうでない人もスマホから「鬼滅」の世界に没入できる。

「鬼滅」の魅力をたっぷり楽しめる3つのコンテンツ

では、それぞれのコンテンツの楽しみ方を見ていこう。

●こころ、ゆさぶる名言ムービー「名言再燃」

鬼滅の刃とauコラボの「名言再燃」のコーナー

ボタンをタップすれば、各キャラクターの名シーンを編集したオリジナルの縦型ムービーに合わせて、名言が再生される。

たとえば、主人公の鬼殺隊での同僚・我妻善逸のこんなセリフ。

「名言再燃」での我妻善逸の名言

とてつもない臆病者で、鬼と戦うときは常に気絶状態という善逸。彼が持ち前の聴力で炭治郎の「やさしさ」を感じ取り、そんな男の大事な箱だからと必死に守った際にこぼしたセリフ。とにかく女子に夢中で普段はまったく頼りにならない善逸の、炭治郎への友情と信念が垣間見えた名シーンだ(テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編−13話「命より大事なもの」より)。

続いて、鬼殺隊の幹部である「柱」のひとり・冨岡義勇。

「名言再燃」での冨岡義勇の名言

多くの鬼殺隊の隊士が那田蜘蛛(なたぐも)山で消息を絶ち、炭治郎らが派遣される。そこで彼らがみたのは蜘蛛鬼(くもおに)の家族が、糸を使って隊士たちを操る姿だった。蜘蛛鬼の下弦の伍・累との死闘に力を使い果たす炭治郎。累の鋭利な蜘蛛の糸に、まさに切り刻まれ得そうになった瞬間、冨岡義勇が駆けつけた!そして炭治郎にこの言葉をかけたのであった。圧倒的窮地で「柱」の信頼感が伝わってくる言葉だ(テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編−20話「寄せ集めの家族」より)。

そして主人公・竈門炭治郎の、人間に対するやさしさと戦いの姿勢を述べた名言。

「名言再燃」での竈門炭治郎の名言

かつて人間だった鬼に対して非情になりきれない炭治郎は、義勇から「情けをかけるな」と諫められる。だが、炭治郎は鬼が人であったときの気持ちに共感し、敬意を払うことを忘れないと強く語るのであった(テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編−21話「隊律違反」より)

こうした名言が、ボタンをタップするたびガチャのようにランダムに再生される。「序章」では全45本公開予定で、いまは28本が視聴可能(2021年11月5日現在)。ファンは名シーンを思い出し、未見の人は作品に興味が湧くであろうコーナーだ。

●キャラになりきりAR「拡張幻実」

鬼滅の刃とauコラボの「名言再燃」のコーナー

こちらは、「こころ、ゆさぶる 伍ノ世界。」オリジナルのInstagram用ARフィルター。CMで高杉くんらが楽しんでいるように、アニメ本編でおなじみのキャラクターたちによる「呼吸の型」のエフェクトや、名シーンを再現した背景で写真や動画を撮影することができる。まさに「鬼滅の刃」のキャラになりきることのできる体験だ。

たとえば、主人公・竈門炭治郎の技「水の呼吸 拾ノ型 生生流転」だと、回転しながら龍のように、幾度も攻撃を加えるエフェクトを使った動画を撮影できる。また、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のメインキャラクターである炎柱・煉獄杏寿郎の技「炎の呼吸 伍ノ型 炎虎」では、炎の虎を生み出すように大きく刀を振るって、まるでその虎が噛みつくかのように切りかかるシーンに入り込むことができる。

「序章」では第1弾として、ほかにも鬼殺隊の蟲柱・胡蝶しのぶの「蝶の呼吸 蝶ノ舞 戯れ」、炭治郎の妹で鬼と化した竈門禰豆子の「血鬼術 爆血」、竈門炭治郎が鬼殺隊の最終選別を受ける際にクリアした「狭霧山 最後の試練」といった合計5種のエフェクトや背景を楽しめる。

●オンライン謎解きゲーム「脱出任務 ~無限列車からの脱出~」

鬼滅の刃とauコラボの「脱出任務」のコーナー

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を舞台に、ユーザー自身が煉獄杏寿郎や竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助らをサポートする「隠」として無限列車に乗り込み、暗号を解読し、謎を解いて乗客を救う脱出ゲーム。

「脱出任務」のゲーム画面

制作は、人気の「リアル脱出ゲーム」をプロデュースしているSCRAP。この“任務”を遂行するには、「こころ、ゆさぶる 伍ノ世界。」のサイト内の別のページに行き来したり、カメラを起動してARで映し出される画像を解読したりと、ちょっとした工夫が必要なチャレンジが盛りだくさん。実際に編集部員が真剣に取り組んで、クリアするのには数時間……脱出成功後に、例のあのシーンが流れたときは、胸の熱くなる思いだった。

非常に骨のあるゲームだが、ヒントも準備されている。随所に隠されたアニメネタが体験できるので、ファンなら特にチャレンジの価値大いにありだ。

もっと広がる「鬼滅の刃」とauによる「伍ノ世界」

「鬼滅の刃」とauとのコラボ「こころ、ゆさぶる 伍ノ世界。」は、スマホ1台あればいつでもどこでも、まさに鬼滅の世界にハマることができる、新しい楽しみ方。

最後に、この取り組みに携わったKDDI マーケティング企画部 プロモーションGの長井栄子、平岡貴志、日向野貴大に話を聞こう。

実は3人とも以前から大の「鬼滅の刃」ファン。ずっと親しんできた「鬼滅の刃」に通信技術をどのように組み合わせ、どんなシーンを取り上げる喜んでいただけるかを、まさにファンの立場から考え、実現したという。

KDDIで「こころ、ゆさぶる 伍ノ世界。」を担当したマーケティング企画部 プロモーションGの平岡貴志、長井栄子、日向野貴大 鬼滅の刃×auコラボを担当したKDDI マーケティング企画部 プロモーションGの平岡貴志(左)、長井栄子(中)、日向野貴大(右)

どんな点にこだわったのか。どのようにみなさんに楽しんでいただくのがおすすめなのかを聞いてみた。

「キービジュアルにはこだわりました。auのブランドカラーであるオレンジ色をベースに、『鬼滅の刃』の時代設定でもある大正時代を意識して和柄をあしらっています。実は今回の和柄デザインですが、横にして見ると漢数字の『五』が出現したりと、5Gっぽい要素も盛り込んでいます」(日向野)

「鬼滅の刃」とauコラボのメイン画像 一目瞭然!ここに「五」が隠されている
「鬼滅の刃」とauコラボのメイン画像 正解はコチラ

「『拡張幻実』はぜひ、ご家族と一緒に遊んでほしいですね!私も子どもと一緒に体験しましたが、撮影中も撮影後の映像を観るときも面白くてずっと笑っていました。お互いに色々なポーズで撮り合ったり、子どもはお気に入りの炭治郎や禰豆子の人形を撮影したり、楽しみ方は本当に色々あるのだなと、気付かされました」(平岡)

「『脱出任務』はSCRAPさんに監修いただきました。鬼滅ファンと脱出ゲームファンの両方に楽しんでいただけるものになっていると思います。企画段階では、SCRAPさんがつくられている脱出ゲームをメンバーで体験し、謎のつくりこみ方や、ムービー演出など大いに参考にさせていただきました。AR技術を活用したあっと驚く仕掛けも盛り込んでいます。もちろんスマホ1台でお楽しみ頂けますので、ぜひ実際にご体験いただければと思います」(長井)

「鬼滅の刃」というアニメと、auという携帯電話ブランドとのコラボだが、その根底には「好き」という思いがあふれていた。

現在公開されている特設サイトの「序章」は「無限列車編」までの内容をテーマとしているが、アニメ「鬼滅の刃」の「遊郭編」の登場にあわせて新たなARコンテンツや新体験コンテンツも公開予定。

アニメ『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』のキービジュアル アニメ『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』は、12月より放送/配信開始

目玉となるコラボアプリは、「鬼滅の刃」の世界にスマホを通して毎日触れることができ、やればやるほど楽しめるつくりになっている。アニメともども、auとのコラボやさらに進化していくARや5Gなどの通信技術にもぜひとも注目いただきたい。

※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となります。 ※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

文:TIME&SPACE編集部

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook