2021/03/16

最新のTORQUEは最強のTORQUE!G01から5Gまで、圧倒的なタフネスの進化の歴史を振り返る

auから2021年春の新モデル「TORQUE 5G」が登場。落下や衝撃など米国国防総省が定める耐久試験に準拠した比類なきタフネスを備え、スマホやケータイになによりも耐久性を求めるユーザーから支持されるTORQUEシリーズの新作だ。

au TORQUE 5G auの京セラ製スマートフォン「TORQUE 5G」(2021年3月26日発売)
au TORQUE 5G 背面は力強さを感じさせる多面体のデザイン
au TORQUE 5G カラーは「イエロー」「レッド」「ブラック」の3色

5G対応や大画面化に加え、タフネス性能もアップ!

au「TORQUE 5G」はこれまでのTORQUEシリーズの基本コンセプトを受け継ぎながら、新たに次世代通信規格「5G」に対応。高速・大容量かつ低遅延な通信が可能となったことで、高精細な動画のライブ配信や新たなスポーツ観戦の実現などスマホの楽しみ方がさらに広がった。

ディスプレイは5.5インチの高輝度フルHD液晶を採用。先代の「TORQUE G04」よりもひと回り大きくなり、臨場感あふれる美しい写真や5G通信を活用した高精細な映像を迫力のある大画面で楽しむことができる。

TORQUE 5GとTORQUE G04

左が先代の「TORQUE G04」(5.0インチ)で、右が「TORQUE 5G」(5.5インチ)。並べて比較すると、ディスプレイの大きさの違いは一目瞭然。

TORQUEシリーズの最大の特長であるタフネスに関しては、防水、防塵、耐衝撃、耐海水などこれまで培ってきた高耐久性を受け継ぎながら、新たに泡ハンドソープでの手洗い・すすぎの洗浄サイクル試験や、耐薬品試験(消毒用として市販されているイソプロピルアルコール、エタノール、次亜塩素酸ナトリウムを少量含ませた柔らかい布での拭き取り試験)もクリア。アウトドアのフィールドで土やホコリで汚れてもきれいに洗い落とすことができるうえ、アルコール除菌シートで拭くことも可能に。こまめな手洗いや消毒・除菌が求められる“新しい生活様式”に対応したというわけだ。

au TORQUE 5G

ポリウレタンエラストマー製のバンパーを四隅に配置。落下時の衝撃を緩和する。

au TORQUE 5G

割れにくく鋼球落下試験もクリアしたディスプレイは、強化ガラスとアクリルスクリーンの二層構造。フチに配された剛性の高いリムが、たわみによるガラス割れを低減する。

au TORQUE 5G

アウトカメラは約2,400万画素/F値1.8の広角と約1,600万画素/F値2.2の超広角のデュアルカメラ。薄暗い環境でも明るく撮れる「ナイトモード」や、周囲の明るさを検知し暗い場合はナイトモードへの切り替えを促す「夜景自動検出」の機能を新たに搭載した。

au TORQUE 5G

指紋センサーを搭載した電源ボタンの上下には、ボタンの破損を防ぐキーガードを配置。

au TORQUE 5G

背面カバーは金属製のロックノブで固定するターンロック構造。「きちんとロックされているか確認したい」というユーザーの声に応え、今回のモデルより新たに開閉状態がひと目でわかるインジケーターが採用された。ワイヤレス充電にも対応する。

au TORQUE 5G

従来モデルと同様、電池パックは着脱可能。「予備と交換することで瞬時に満タンにしたい」というユーザーの声に応えたものだ。

5G対応や大画面化に加え、タフネスの面でもさらなる進化を遂げたシリーズ最新作「TORQUE 5G」。普段使いにおける雨などの水濡れや使用中の落下が気になる人や、山や海でのアクティビティを愛する人、土ぼこりが舞う工事現場での使用を想定している人まで、どんな環境下でも安心してスマホを使いたいなら、これほどふさわしいモデルはないだろう。

「コールマン」とのコラボモデルも登場!

au「TORQUE 5G」の発売を記念して、今年120周年を迎えた老舗アウトドアブランド「コールマン」とのコラボレーションモデルも発売される。

au TORQUE 5G Coleman LIMITED au「TORQUE 5G Coleman LIMITED」

背面はコールマンのシンボルカラーである赤をベースにしたカモフラージュ柄。コールマンのロゴもあしらわれている。

au TORQUE 5G Coleman LIMITED

起動時にはコールマンの代表作のひとつであるランタンに点火するようなアニメーションが表示されるほか、ランタンを模したアプリやオリジナルの壁紙がプリセットされているなど、細かな仕掛けが満載。コールマンファンやキャンプ愛好家にはたまらない1台だ。

なお、この「TORQUE 5G Coleman LIMITED」は、au Online ShopおよびKDDI、沖縄セルラー直営店のみの予約販売となり、予約受付期間は2021年3月17日~5月5日。発売時期は2021年4月下旬以降を予定している。

TORQUEシリーズの進化の歴史を振り返る

振り返ると、初代「TORQUE G01」が誕生したのは2014年7月のこと。それ以降も後継モデルがリリースされ、フィーチャーフォンの「TORQUE X01」を含めると、最新の「TORQUE 5G」で6代目になる。

歴代TORQUE

TORQUEシリーズのタフネス性能はどのような進化の過程を経て、現在に至るのか?初代「TORQUE G01」から最新の「TORQUE 5G」へと続くその歴史を紐解いてみよう。

【TORQUE G01】米国国防総省の耐久試験に準拠した圧倒的なタフネス(2014年7月発売)

TORQUE G01

「最強、現る。」というキャッチコピーととともに登場した初代TORQUE。米国国防総省の耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠し、防水、防塵、耐衝撃、耐振動など11項目をクリアしたタフネスは、スマホに耐久性や堅牢性を求めるユーザーから熱烈に支持された。また、濡れた画面でのタッチ操作やグローブ装着時のボタン操作にも対応したことで、雨天時でもストレスなくスマホを使いたいアウトドア愛好家や、スキーヤー、スノーボーダーからも歓迎された。

TORUQUE 当時のカタログより

【TORQUE G02】新たに耐海水や耐氷結に対応(2015年7月発売)

TORQUE G02

「TORQUE G01」で好評を博したタフネスがさらに進化。米国国防総省の耐久試験「MIL-STD-810G」の19項目に、京セラ独自の耐久試験2項目を加えた21項目に準拠した圧倒的な耐久性を誇る。耐衝撃性能をさらに向上させたほか、新たに耐氷結と耐荷重、そして世界初となる耐海水にも対応。サーフィン、シュノーケリング、釣りなど、海が舞台のアクティビティを愛好するユーザーにもその裾野を広げた。

TORUQUE G02カタログ 当時のカタログより

【TORQUE X01】卓越したタフネスを備えた4G LTEケータイ(2017年2月発売)

TORQUE X01

「TORQUE」の4G LTEケータイ版として登場。防水、防塵、耐衝撃のほか、温度耐久、耐振動、耐氷結など、18項目の過酷な試験をクリアし、米国国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠。特に耐久性能を強化し、従来の約1.22mからラワン材(木の板)への落下強度を約1.8mに拡大し、さらに床材も鉄板・コンクリートへの落下試験もクリアした。

TORQUE X01カタログ 当時のカタログより

【TORQUE G03】落下強度をさらに高め、屋外利用における安心感を向上(2017年6月発売)

TORQUE G03

米国国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」の19項目と京セラ独自の耐海水試験・耐荷重試験の2項目を加えた21項目に準拠。新たに、約1.8mの鉄板・コンクリートへの耐落下の試験をクリアしたうえ、ガラスを強化するハイブリッド構造を採用。屋外での利用における安心感をさらに高めた。

TORQUE G03カタログ 当時のカタログより

【TORQUE G04】耐久性や堅牢性に磨きをかけたタフネススマホ(2019年8月発売)

TORQUE G04

米国国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」の22項目および、鋼球落下、連続落下、温水シャワーなど京セラ独自の試験をクリアし、27項目に準拠。山、海、川など過酷なフィールドでも安心して使えることから、アウトドアアクティビティ愛好家のみならず、土木・建設関係や林業・農業・漁業関係で働くプロフェッショナルな人たちにも支持された。

au TORQUE G04 当時のカタログより

【TORQUE 5G】別格の耐久性を備えた最新・最強の5Gスマホ(2021年3月発売)

au TORQUE 5G

そして2021年春に登場するのが、次世代通信規格5Gに対応した「TORQUE 5G」。防水、防塵、耐衝撃、耐海水など歴代モデルで培われてきた高耐久性を受け継ぎながら、新たに泡ハンドソープ洗浄試験や耐薬品試験をクリア。TORQUE史上最多となる28項目の試験をクリアした別格の耐久性を備える最新・最強のタフネススマホだ。

下の表は、歴代のTORQUE(スマホ)のスペックや耐久性能をまとめたもの。代を重ねるごとに着実な進化を遂げてきたことが見て取れる。

               
機種名 発売年月 通信方式 本体サイズ 重量 バッテリー容量 ディスプレイ メインカメラ
有効画素数
サブカメラ
有効画素数
OS CPU 内蔵メモリ(RAM/ROM) 防水−風雨(1) 防水−風雨(2) 防水−浸漬 防水−雨滴 耐海水 泡ハンドソープ洗浄 温水シャワー 耐薬品 防塵 耐衝撃−落下 耐衝撃−タンブル 耐衝撃−衝撃 耐衝撃−鋼球落下 耐荷重 耐氷結−凍結-融解 耐氷結−氷・低温雨 耐振動 塩水耐久 低圧対応−低圧動作 低圧対応−低圧保管 耐日射 温度耐久−高温動作(1) 温度耐久−高温動作(2) 温度耐久−高温保管(1) 温度耐久−高温保管(2) 温度耐久−低温動作 温度耐久−低温保管 温度耐久−温度衝撃 防湿
TORQUE G01 2014年 7月4G LTE / 3G約68×136×13.5mm
(最厚部 15.4mm)
約182g 3,100mAh 約4.5inch / HD 約800万 約200万 Android™4.4(KitKat®) MSM8928(1.4GHz)クアッドコア 16GB/2GB 降雨量1.7mm/min、6方向各30分間の降雨試験 約1.5mの水中に30分間浸漬する試験 高さ1m雨滴(15分)の防水試験 連続6時間(風速8.9m/sec、濃度10.6g/m3)の粉塵試験 高さ約1.22mから26方向で合板(ラワン材)に落下させる試験 3時間(3方向各1時間/20~2000Hz)の振動試験 連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥させる塩水耐久試験 連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作試験 連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧保管試験 動作環境:50℃で連続3時間の高温耐久試験 保管環境:60℃で連続4時間の高温耐久試験 動作環境:-21℃で連続3時間の低温耐久試験 保管環境:-30℃で連続4時間の低温耐久試験 連続10日間(95%RH)の高湿度試験
TORQUE G02 2015年 7月4G LTE / WiMAX 2+約72×147×14.2mm
(最厚部約17mm)
約203g 2,910mAh 約4.7inch / HD 約1,300万 約500万 Android™ 5.1 / 6.0 MSM8928(1.4GHz)クアッドコア 16GB/2GB 日本沿岸部を想定した海水で水深1.5mに約30分間沈める試験 高さ約1.5mから26方向で合板(ラワン材)に落下させる試験 40Gの衝撃を6方向から3回与える試験 ボディ全体に100kgfの面荷重を均等にかける荷重試験 -10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作を確認する試験 -10℃の冷却水で6mm厚の氷が張るまで氷結させる試験 連続20時間1,120W/㎡の日射後、4時間offを10日間繰り返す試験 -21~50℃の急激な温度変化で連続3時間の温度耐久試験
TORQUE G03 2017年 6月約71×145×13.6mm
(最厚部約16.9mm)
約198g 2,940mAh 約4.6inch / HD 約1,300万+約200万 約500万 Android™ 7.1 MSM8953/2.0GHz×8コア 32GB/3GB 高さ約1.8mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させる試験
TORQUE G04 2019年 8月約73×150×13.4mm
(最厚部17.4mm)
約200g 2,940mAh 約5.0inch / FHD 約2,400万+約800万 約800万 Android™ 9 Pie / 10 Qualcomm® Snapdragon™ 660 : 2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア 64GB/4GB 風速18m/s環境下で30分間の降雨試験 日本沿岸部を想定した海水で水深約2.0mに約60分間沈める試験 シャワーの温度程度のお湯(43℃以下)をかける試験 高さ約2.0mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させる試験 高さ約1.0mから連続落下させる試験 約100gの鋼球をディスプレイ面(中央)に落下させる試験 動作環境:32~49℃までの変化を3サイクル実施する試験 保管環境:30~60℃まで変化させる高温耐久試験
TORQUE 5G 2021年 3月4G LTE / 5G / WiMAX 2+約75×167×14.8mm
(最厚部20.3mm)
約248g 4,000mAh 約5.5inch / FHD 約2,400万+約1,600万 約800万 Android™ 11 Qualcomm® Snapdragon™ 765
2.3GHz/1コア+2.2GHz/1コア+1.8GHz/6コア
128GB/6GB 泡ハンドソープでの手洗い・すすぎの洗浄サイクル試験 消毒用として市販されているイソプロピルアルコール、エタノール、次亜塩素酸ナトリウムを少量含ませた柔らかい布での拭き取り試験を実施 高さ約2.0mから落下面にサンドペーパーを敷いた鉄板に製品を落下させる試験
※Internet Explorer ブラウザでは、スクロールが機能しない場合がございます。

TORQUEがタフネスにこだわり続ける理由

初代「TORQUE G01」から最新の「TORQUE 5G」までの歩みを振り返ってきたが、なぜTORQUEはこれほどまでタフネスにこだわり続けるのか。「TORQUE 5G」の商品企画を担当した京セラ・通信事業戦略部の辻岡正典さんはその理由をこう語る。

「TORQUEはお客さまに支えられ、育てていただいているブランドです。初めてTORQUEをご購入いただくきっかけは、以前使用していた端末を落としたり、水没させたり、粉塵で壊してしまったという方が大多数です。それで『今度は壊れにくいものを』と、TORQUEを選んでいただいています。その方々は、TORQUEも同じ環境でお使いになるので、やっぱり落としたり、濡らしたり、粉塵にまみれたりするわけです。でも、TORQUEは壊れない。それで『TORQUEすげーな!』となり、愛着と信頼を深めていただいております。また、お客さまへのアンケートでは『次のモデルではこうしてほしい』というご要望がたくさん寄せられます。我々は、その方々のご期待に応えたい、もっとお役に立ちたい、楽しませたいという一心で、TORQUEの進化に取り組んでいます」

auのスマホ開発に携わるKDDI 商品企画本部・プロダクト企画部の渡部麻美は、auがTORQUEを展開し続ける意義を次のように語る。

「auではお客さまのニーズにあわせて多彩なスマホやケータイを取り揃えていますが、そのなかでもTORQUEはずっと愛用し続けてくださる熱烈なファンが多い人気モデルです。TORQUEがあるからこそauを使い続ける——そうおっしゃる方も少なくありません。最新のタフネススマホ『TORQUE 5G』はそういったお客様へ、TORQUEの別格の強さをそのままに、新たな進化を感じていただける製品となっています。他機種にはない屋外でも映えるこだわりのカラーリングやコラボレーションモデルなど、これまでTORQUEをご存じなかった方へも自信を持っておすすめできる魅力的な製品に仕上がっていますので、ぜひ注目していただきたいですね」

初代の誕生から約7年。代を重ねるごとにタフネス性能を磨き上げてきたTORQUEだが、「あらゆるフィールドで、安心してスマホを使ってもらいたい」という熱い想いは最新の「TORQUE 5G」にも着実に受け継がれている。

『TORQUE 5G Coleman LIMITED』発売記念コールマンコラボキャンペーン

au TORQUE 5G Coleman LIMITED

2021年3月17日より、『TORQUE 5G Coleman LIMITED』の発売を記念した『コールマンコラボキャンペーン』がスタート。コールマン120周年記念の7商品が抽選で各1名様(計7名様)に当たります。下記サイトにアクセスのうえご応募ください!

『「TORQUE 5G」Coleman LIMITED』発売記念コールマンコラボキャンペーン

撮影:高橋絵里奈
文:榎本一生

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook