2020/07/28

『マイナポイント』で得する方法とは? 『マイキーID』の登録など、設定方法を解説

  • 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月1日から、「マイナポイント」の予約・申込みが開始された。

マイナポイントのイメージ

このマイナポイントを活用することで、最大5,000円分のポイントが手に入るお得な制度だ。では、予約・申込みしてポイントを手に入れるにはどうしたらいいのだろうか。ちょっとお得で賢い、マイナポイントの設定方法を解説しよう。

そもそもマイナポイント事業とは?

マイナポイント事業とは、2020年9月から2021年3月末まで国が実施する消費活性化策で、キャッシュレス決済を通じて、消費者にポイントなどを付与するというもの。マイナポイントの申込みを行った決済サービスの利用(チャージまたは購入)額に応じて、チャージ額または購入額の25%にあたるポイントなど(上限5,000円分)が手に入る

ポイントなどが付与されるためには、決済サービスの登録・設定やマイナポイントの予約・申込みが必要になる。マイナポイントはさまざまな決済サービスで登録できるが、今回はPontaポイントが貯まることでますます便利でお得になった「au PAY」を例に、設定方法を紹介していこう。

au PAYのロゴ

なお、au PAYはauユーザーに限らず、どの通信事業者と契約していても利用できるので、この機会に登録するのもおすすめだ。

ステップ1「マイナンバーカードとアプリの準備」

まず必要なのが、「マイナンバーカード」だ。プラスチック製の顔写真が入ったもので、国民全員に配布されている紙製の“通知カード”ではないため、注意してほしい。まだ取得していないのであれば、スマホや郵送などで取得の手続きが必要となる。取得には現時点(2020年7月)で約1カ月かかるため、早めに済ませておこう。

マイナンバーカードのイメージ

マイナンバーカードが手元に届いたら、アプリの準備だ。iPhoneなら「App Store」、Androidなら「Google Play」から、「マイナポイント」アプリと「au PAY」アプリをそれぞれダウンロードしよう。

利用しているスマホがマイナポイントアプリに対応しているかは、記事最後の参考情報から確認してほしい。

マイナポイントアプリ、au PAYアプリのアイコン

なお、ケータイ(ガラケー)や、アプリ対象外の端末を利用している場合は、auショップ、ローソン(マルチコピー機)、セブン銀行(ATM)で申込みできる。

※セブン銀行ATMは、2020年9月1日から申込み開始。

ステップ2 「マイキーIDと決済サービスIDの紐づけ」

まずは、ダウンロードしたau PAYアプリのトップ画面から[マイナポイント]を選択し、専用画面から申込む。

au PAYアプリのトップ画面

申込みの流れにあわせて進めていくと、マイナポイントアプリが起動するので[マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)]をタップし、マイナンバーカード受取時に設定した数字4桁のパスワード(利用者証明用電子証明書暗証番号)を入力し、マイナンバーカードをスマホで読み取る。

※Androidの場合、マイナンバーカードをスマホで読み取ったあとに、マイナンバーカード受取時に設定した数字4桁のパスワード(利用者証明用電子証明書暗証番号)を入力する場合があります。
マイナポイントアプリの画面

これでマイキーIDが自動で設定され、「au PAY」アプリでマイナポイントが予約される。

ステップ3「『au PAY』アプリでチャージ」

2020年9月1日より、期間中にau PAY 残高にチャージした場合、チャージ額の25%分がマイナポイントとしてau PAY 残高に還元される。たとえば、9月1日にau PAY 残高に20,000円チャージすると、25%にあたる5,000円が付与されるということだ。

au PAYアプリで5,000円をチャージ

なお、還元される上限は5,000円となっており、利用期限は設けられていない。「au PAY(コード支払い)」や「au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)」「au PAY(QUICPay+)」を利用可能な店舗で使うことができる。

「au PAY」「au PAY カード」で登録すると、さらにおトクになる

au PAYまたはau PAY カードでマイナポイントを登録すると、上限5,000円相当の還元に加えて、マイナポイント付与額に対して20%(上限1,000円相当)のau PAY 残高が付与される

つまり、9月1日以降にau PAY 残高に20,000円チャージすると、25%にあたる5,000円に加えて、さらに1,000円が還元され、合計6,000円分のau PAY 残高が手に入るのだ。もしくは、au PAY カードで20,000円分のお買い物(決済)をすると、同様に合計6,000円分のau PAY 残高が手に入る。

マイナポイント表組み

これらの手続きは、必要なものを手元に用意し、ガイダンスに従って登録すれば難しいことはないが、もしわからない場合はauショップに行ってみよう。各店舗にマイキーID設定支援端末が設置されており、設定が可能なほか、ショップスタッフが手続きのサポートをしてくれる。たとえば、契約の待ち時間などを有効に活用することもできるだろう。

支援端末イメージ

また、マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスの紐付けは、それぞれひとつずつしかできない。しかし、提供事業者が別であるau PAY カードを組み合わせることで、au PAYとあわせて家族2人分まで、au PAY 残高に還元されるカタチでポイントが手に入る。

たとえば、父親が自分のマイナポイントをau PAYで、自分の息子の分をau PAY カードに紐付けることで、家族2人分のau PAY 残高が還元される、といった具合だ。

つまり、今回のマイナポイントでau PAYとau PAY カードを上手にやりくりすれば、両親と子ども2人の4人家族の場合、

マイナポイント付与額5,000円×4人分+au PAYによる付与額1,000円×4人

となり、計24,000円分のau PAY 残高が手に入ることになる。家族で話し合いながら、ぜひお得に活用してほしい。

「au PAY」ならローソンでの買い物がポイント大幅アップ

さらに、au PAYなら普段の買い物でもポイント還元率が高い。たとえば、7月1日からキャンペーン中のローソンでau PAYを使って支払うと4%が還元されるほか、毎月3の付く三太郎の日には最大10%、auスマートパスプレミアム会員なら13%が還元される。

au PAYとローソンのキャンペーンバナー

またau PAY カードも、au PAY同様にauユーザー以外でも申込・利用ができる。いまなら新規入会&利用で、Pontaポイントが最大10,000ポイントもらえるので、まだau PAY カードを持っていない人はこの機会に入会するのがおすすめだ。

マイナポイントのキャッシュバックは2021年3月末までの期間限定施策。折しも、キャッシュレス決済の機運が高まっている現在。さらに大きなメリットが得られるこのタイミングで、au PAYの利用を検討してみてはいかがだろうか。

文:吉州正行

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん