2020/03/09

簡単に「緊急速報メール」をスマホで見返す方法 平時こそ災害への準備を

  • 38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「緊急速報メール」は、気象庁が発信する「緊急地震速報」や、国・地方公共団体が気象警報や避難の呼びかけを知らせる「災害・避難情報」など、災害発生時に必要な情報を随時、メールで発信するシステムだ。

2019年10月に発生し、関東地方や東北地方を中心に甚大な被害をもたらした台風19号の際に発信された「緊急速報メール」は1,650回にもおよび、今や災害時には欠かせない情報源となっている。とくに国・地方公共団体が発信する「災害・避難情報」は、避難所案内などの情報が届くため、あとから見返して確認したい場合がある。

こちらのデータは、「緊急速報メール」に関するユーザー調査の結果。

緊急速報メールに関するユーザー調査の結果
※2020年1月、KDDIが全国20〜50代の男女494名(Android:203名、iPhone:291名)への調査より

Androidユーザー、iPhoneユーザーともに、おおよそ半数が「再確認をしたことがある」と回答。一方で、両ユーザーともに30%以上が「再確認したかったができなかった」とし、Androidでは11%、iPhoneでは20%が「再確認をするということを考えたことがなかった/できると思っていなかった」と答えている。また、「画面に表示された通知をスワイプして消してしまったときに、どこから見返せばよいのかわからない」という意見もある。

「緊急速報メール」は、メールという名前がついているものの、スマホのメールアプリには履歴が残らない。履歴を確認できないことで、大事な情報を見逃してしまう可能性があるのだ。

災害関連情報をまとめて確認できる「au災害対策」アカウントとは

2019年12月、こうした問題を解決するために、KDDIは「+メッセージ(プラスメッセージ)」に公式アカウント「au災害対策」を開設。以前より提供していた、「緊急速報メール」をはじめ「災害関連情報」「災害用伝言板」など災害関連サービスをまとめて操作できる「au災害対策アプリ」のスマートフォン向け機能を、この「au災害対策」アカウントに統合した。

+メッセージとは、au 、ドコモ、ソフトバンクのユーザー同士で電話番号を宛先にして、文字や写真の送受信ができるメッセージアプリ。auの場合は2018年5月以降発売のスマホおよび4G LTEケータイには標準搭載されている。
※公式アカウントは、4G LTEケータイではご利用いただけません。

+メッセージ「au災害対策」アカウント

「+メッセージ」アプリを最新版にアップデートし、「au災害対策」アカウントの利用を開始するだけで、「緊急速報メール」の再確認はもちろん、災害時に必要なさまざまな情報をチェックできる。

また、これまで未対応だったiPhoneでの「緊急速報メール」の見返しも可能になった。

+メッセージのロゴ

+メッセージ「au災害対策」アカウントでできること

では、「au災害対策」アカウントでなにができるのかをまとめてみた。

・過去3日の全国緊急速報メール履歴を確認できる

これまで「見返すのが困難」「そもそも見返すことができると知らなかった」との声が多かった「緊急速報メール」を、過去3日までさかのぼって確認できる。

・登録した地域の緊急速報メールの情報が届く

国や全国の自治体が発信する「緊急速報メール」の「災害・避難情報」は、そのときに自分がいる地域の情報しか受信できない。「au災害対策」アカウントでは、事前に登録することで任意の地域に関する情報が届く「登録エリア災害・避難情報メール」に対応している。離れて暮らす家族や友人が住んでいる地域を登録しておけば、災害時に安否を確認したり、避難を呼びかけたりすることもできる。2019年7月よりSMSで開始したこのサービスも、+メッセージで一括して利用できるようになった。

・各種災害情報の確認、災害伝言板の利用

「地震情報」「津波情報」「火山情報」「台風情報」などの災害関連情報もいつでも確認できる。災害時に該当地域でのみ使えるようになる「災害用伝言板」にも「au災害対策」アカウントからアクセス可能で、通話ができない場合でも書き込み・閲覧ができる

「au災害対策」アカウントを利用するには

「au災害対策」のアカウントを利用開始する方法はとても簡単だ。まずは+メッセージのアプリをダウンロード、またはアップデートしよう。

「+メッセージ」アプリのダウンロードはこちら
※対応端末はau、NTTドコモ、ソフトバンクいずれかと契約したスマホ、タブレット端末。 ※対応OS:iOS 9.0以降、Android 4.4以降 ※次の機種は、対象外です。BASIO、miraie f、miraie、Xperia Z Ultra SOL24、Xperia Z1 SOL23、GALAXY Note 3 SCL22、isai LGL22、HTC J One HTL22、2018年11月28日以前に発売を開始したケータイ(4G LTE)。

以下はAndroidでの利用開始方法だ。

+メッセージのアイコンをタップし、連絡先表示の[すべての連絡先]から[公式アカウントを探す]を選択。

「au災害対策」アカウントの登録手順

[カテゴリ]タブをタップし、表示されたカテゴリから[au公式アカウント]を選択、「au災害対策」アカウントをタップ。

「au災害対策」アカウントの利用開始手順

表示された画面で、利用規約を確認してチェックを入れ、[利用する]をタップするとアカウントの利用開始は完了。電話番号に紐付いているので、すぐに利用できる。

「au災害対策」アカウントの利用開始手順  
 

アカウント表示画面の下部には、先ほど紹介した各種機能のメニューが表示されている。では、それぞれの利用手順を紹介しよう。

「au災害対策」アカウントの使い方

【緊急速報メールの確認方法】

[配信履歴を確認する]をタップし、都道府県を選択する。

「au災害対策」緊急速報メールの確認方法

市区町村を選択(過去3日間に配信がなかった場合、自治体名は表示されない)し、緊急速報メールの配信日をタップすれば、「緊急速報メール」の内容を確認することができる。

「au災害対策」緊急速報メールの確認方法
「au災害対策」緊急速報メール確認の手順

【登録エリア災害・避難情報メールの登録方法】

+メッセージ「au災害対策」アカウントのメニューから「登録エリア災害・避難情報メール」を選び、「地域を登録・確認する」をタップし、都道府県をタップする。

登録エリア災害・避難情報メールの登録方法

プルダウンメニューが表示されるので、登録したい都道府県名をタップし、市区町村を選択。

登録エリア災害・避難情報メールの登録方法

登録をタップすれば完了。最大5つの地域まで登録でき、登録した地域で「緊急速報メール」が配信されると画面にお知らせが表示され、登録した地域の「緊急速報メール」が届く。

登録エリア災害・避難情報メールの登録方法

【各種災害情報の確認・災害伝言板の利用】

+メッセージ「au災害対策」アカウントのメニューから「災害関連情報」を選び、「災害情報を確認する」をタップすれば「地震情報」「津波情報」「火山情報」「台風情報」などが、いつでも確認できる。

+メッセージ「au災害対策」アカウントの「災害関連情報」タブ

「地震情報」は震源地と発生時刻、震度をマップとリストで見ることができ、「津波情報」は高さや到達予想時刻と満潮時刻、津波の観測値を確認できる。

+メッセージ「au災害対策」アカウントの「地震情報」

「台風情報」や全国・地域別の警報・注意報の発令状況もわかる。

+メッセージ「au災害対策」アカウントの「台風情報」「警報・注意報」

平時にこそ災害時への備えを

災害時の速報サービスでは、「Yahoo!防災速報」はプッシュ通知での緊急地震速報や豪雨予報が、「NHKニュース・防災」ではニュースを見られる機能がついている。それぞれの特徴を理解したうえで、上手に利用していこう。

災害発生時、必要な情報を確認する手順は簡単であるに越したことはない。「もしも」の事態が起こってからではなく、平時にこそ、災害に備えて通信を活用すべく準備は怠らないようにしてほしい。

文:TIME & SPACE編集部

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん