2019/01/31

タフネススマホ「TORQUE」は本当にタフか? マイナス20℃のアラスカで使い倒す!

  • 177
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラスカの雪原の中でTORQUE G03を構えるライターの地主

アラスカという場所がある。アメリカ合衆国最北端にある州だ。途中にカナダを挟んでいるので、かなり最北。短い夏が終わると気温がマイナスすぎる冬に突入する。そして、そんなアラスカに現れるのが「オーロラ」だ。

オーロラ、ぜひ見たい。ただ気温はマイナス20~30℃の世界。ちょっと考えられない寒さだ。特にこれを書いている私は九州出身なので、マイナスの気温にビビる。ただ、それはスマホも一緒。そんな場所に耐えられるタフなスマホを持って、オーロラを撮影しに行きたいと思う。

寒いと動かない?

オーロラを見てみたいと常々思っていた。日本でも低緯度オーロラというものを、ごくまれに、すごくすごくまれに見ることができるのだけれど、街中でパンダとすれ違うような、奇跡に近い確率でしかない。

緑色が強いアラスカのオーロラ これがオーロラです!

そこで私はアラスカにオーロラを見に行くことにした。真冬の時期に行くので、オーロラが現れる可能性は高いけれど、逆に気温は驚くほど低い。しかも、クルマで片道600km走る必要もある。心配だな……と思っているところに、呼び出しがかかった。

auの看板の前で浮かない顔のライターの地主 KDDIに呼び出されました

KDDIに行くと「アラスカに行かれると聞いたのですが……」、とKDDIの半谷麻理さんが話し出す。急にクライアントに呼び出されて良い話だったためしがない。そういえば、23歳の頃に会社で偉い人に呼び出されて「クビ」って言われたことあったな、と走馬灯のように思い出された。

KDDIの半谷に呼び出されてビビリ顔の地主 半谷さんからの緊張感あふれる呼び出し!

auに「TORQUE G03」というスマホがあり、タフさを確かめてきてほしい、という話だった。よかった、悪い話じゃなかった。悪い話ではないけど、半谷さんは続けた。

TORQUE G03の宣材写真 これがTORQUE G03です!

半谷「最低でも1時間は外でオーロラを待ってほしいです」

地主「マイナス何十℃とかですよ!」

半谷「TORQUE G03なら大丈夫ですから!」

地主「人、ひーと! TORQUE G03じゃなくて人の問題! 凍えちゃうから!」

半谷「TORQUE G03なら大丈夫ですから!」

地主「もうアラスカにいるのかな? 日本語が通じてない!」

半谷「あと、水中の写真も撮ってほしいです」

地主「聞いて、聞いて! マイナス何十℃とかですよ!」

半谷「アラスカはゴールドラッシュがあった街なので、金があるかもしれないですからね、地主さんの旅費の足しになるかもしれません」

地主「マイナス何十℃とかなんですよ、水中に手を突っ込むとかヤバくないですか?」

半谷「TORQUE G03は大丈夫ですよ!」

地主「人、ひーと! 私が大丈夫じゃないの!」

TORQUE G03の特徴一覧 TORQUE G03がタフなことはわかった

半谷「安心してください! TORQUE G03は手袋をつけたままでも操作できるので、寒くても大丈夫なんですよ!」

地主「水中に手袋のまま手を突っ込んだら濡れて寒いですよね?」

半谷「そりゃそうですよ、そのときは手袋はずしてください!」

地主「じゃ、寒いじゃないですか!」

半谷「あと、可能ならオーロラが出現したらTORQUE G03で撮影してください」

地主「可能ならそれはやりますが、なんか全体的に心配!」

半谷「ケガとかはないように!」

地主「「au海外旅行ほけん」は入りますけど」

半谷「じゃ、安心だ!」

地主「全体的に不安だよ!」

空港の出発ロビーで TORQUE G03を持ち両手を広げる地主 ということで、アラスカへ旅立ちます!

アラスカの寒さとか

不安が多い状態で「TORQUE G03」を持ってアラスカへと旅立つことにした。空港で「au海外旅行ほけん」に入った。スマホですぐに入ることができる。auを使ってない人でも入れるので、これ絶対に入ったほうがいいよ、マジで! 去年、メキシコでこの保険がなかったら死んでいたという経験があるので、絶対に入ったほうがいいよ!

TORQUE G03で見る「au海外旅行ほけん」の説明画面 au海外旅行ほけんに入って、
飛行中の飛行機の左翼 飛行機で、
アラスカのアンカレッジに到着した寒そうな地主 アラスカへ!!!

到着したアラスカはいきなり寒かった。いわゆる普通のスマホでも作動するけれど、寒すぎると動作保証外になることもある。ただ「TORQUE G03」は温度耐久に優れていて、寒すぎても暑すぎても作動するのだ。

海外でスマホを使う場合、Wi-Fiをレンタルしたり、海外SIMを使う人もいるだろう。でも、Wi-Fiレンタルは飛行機の移動日にもレンタル料が発生するし、海外SIMは設定があったりする。この「世界データ定額」は、24時間単位で日本にいるときの契約で使うことができる。これも便利です、マジで!

駐車場に並ぶレンタカー クルマでフェアバンクスへと
フェアバンクスに向かう広い雪道 向かう!

飛行機で到着したのはアラスカのアンカレッジという場所で、よりオーロラを見ることができるのはフェアバンクスという街。600kmほど離れているので、レンタカーで移動する(トータルで1,700kmほど走った)。ここでGoogle マップを使う。カーナビもあるんだけど、英語でよくわかんなかったから。

クルマに設置したTORQUE G03に表示されるGoogle マップ Google マップで移動!

Google マップを使っているけれど、350マイル先を右という表示だったので、もはやGoogle マップいらないんじゃね? となった。約564km先だ。デナリ国立公園など、基本的に自然でいっぱいなところを走り、たまに寄り道をした。

デナリ国立公園の看板とその横にいる地主 デナリ国立公園!!!
マイナス20℃を下回る温度計 寒いね! 寒すぎるね!

自然が大きい。そして、寒い。とても寒い。マイナス20℃とかだもん。数字どおり寒い。ただ楽しい。景色は真っ白で美しい。最高に楽しい。寒すぎて面白くなっているのと、自然が雄大で楽しいのだ。アラスカ、最高じゃないか。楽しすぎる。順調なドライブにオーロラへの期待も膨らむ。なんかあっさり見られそうだぞ、これ。

アラスカの道路で停止する2台のクルマ 事件は起きます!

TORQUE G03の安心感

事件は起きる。あんなに楽しかったのに、事件は起きるのだ。順調な海外旅行があったためしがない。フェアバンクスに向けて順調に走っていたつもりだったけれど、やはり、事件は起きてしまった。クルマがパンクした。フェアバンクスまであと100kmという、なんにもない場所で。

アラスカの道路で電話する地主 レンタカー会社に電話!

このときTORQUE G03でよかった、と本気で思った。普通のスマホだったら、寒さなどで動かないなどの可能性もあるのだ。もしここで電話できなかったら、この旅は最悪の結果になっていた。日本では最近のクルマはスペアタイヤがないので、今回のクルマにもないと思っていたのだ。

アラスカの道路でタイヤを交換する地主と助けてくれる現地の人 通りがかりの人も助けてくれた!

電話で「アイハブトラボー」と話すと、スペアタイヤがあるからそれに変えて、フェアバンクスで修理屋に行け、と言われた。スペアタイヤに変えるのもパニックだけれど、やさしい地元の人が助けてくれた。TORQUE G03で翻訳しながら一緒に直す。スマホがもし壊れていたら、と思うとゾッとした。本気で終わったと思ったから。

アラスカの道路で赤いランプで近づいてくる警察車両 その後、警察も来て大にぎわい!
フェアバンクスに到着した地主 どうにかフェアバンクスに!

寒さに強いTORQUE G03

いろいろあったけれど、なんとかフェアバンクスに到着した。いよいよ待ちに待ったオーロラだ。理論上、オーロラは昼間も出ているのだけれど、明るいと見ることができないので、夜頑張って起きて、オーロラの出現を待つことになる。

雪の積もった木々の雪道を歩く地主 オーロラの見られるポイントへ!

ただオーロラにも強さのレベルがあって、弱いと当然見ることは難しい。またオーロラは足が速い。見えた、と思ってもすぐに見られなくなってしまうことも多い。日が沈んですぐ出たり、今日は出ないと思って寝ると夜明け前に出たりする。つまり夜中起きて、オーロラを待たなければならないのだ。オーロラは気まぐれだ。

雪原の中で空を見上げてオーロラを待つ地主 オーロラを待つ!

もちろん街の光が入るとダメなので、なるたけ暗い場所に行く。夜のアラスカはますます寒い、ということはなく、1日中ずっと同じような温度で寒い。そもそも冬は日の出が11時で、日の入りが15時とかなのだ。明るい時間がとにかく短い。

TORQUE G03でオーロラアプリを見る オーロラアプリを見る!

「My Aurora Forecast & Alerts」というアプリで、オーロラの帯が今どのあたりにあるのかを知ることができる。これを見ながら、空とにらめっこするというのが、オーロラ観察ということになる。問題は、クソほど寒いなか、ということだ。

手袋をしながらTORQUE G03の液晶をタッチする 手袋は外せない!

TORQUE G03の素晴らしい点は「グローブタッチ」である。めちゃくちゃ分厚い手袋をしていても、スマホタッチできる手袋でなくても、設定で操作できるようになるのだ。この極寒で手袋を外すのは命取り。TORQUE G03がオーロラより輝いて見えた。

三脚にTORQUE G03を立てて空を見上げる地主 まぁ、出ないんだけどね!

フェアバンクスに行くと簡単にオーロラを見ることができると思っていた。でも、そんなことは全然なくて、まったく出ない。マイナス何十℃という世界でひたすら待った。半谷さんは「1時間は外でオーロラが出るのを待ってほしい」と言っていたが、自動的にそうなった。

雪原の中で座りながらTORQUE G03を見る地主 YouTubeとか見ながら待った!

本当はもっと待ちたいけれど、限界がやってきた、私の。TORQUE G03は寒くても元気で、使用状況で変わるので一概にはいえないけれど、この寒いなかなのに電池の持ちもよい。ただ、私の人間としての電池は切れた。寒すぎてヒトの限界がやってくるのだ。TORQUE G03は優秀。

水だったペットボトルが凍っている様子 持ってきた水は当然凍っていた

オーロラは引き続き出ません

ここからが地獄だったのでダイジェストで。とにかくオーロラが出ない。全然出ない。アプリで確認するとオーロラの帯はフェアバンクスにやってきているけれど、強さレベルが低くて、目視はできない。そんな日が6日ほど続いた。

ベッドでうつ伏せに寝る地主 昼間に寝て、
クルマで夜出かける地主 夜になったらクルマで出かけ、
雪原にTORQUE G03を立てた三脚をのぞく地主 オーロラを待つ! こんな生活を6日間!

クルマで5時間とか待つのだけれど、全然オーロラは出なかった。たまに外に出て確認するけれど、全然出ない。こんな生活が6日続いたのだ。クルマでTORQUE G03をいじり続けたけれど、やがて暗くなってきた、私が。オーロラは出ないし、ずっと夜だしで、私が暗くなったのだ。TORQUE G03は元気だけど。

左右タイヤの太さが違うレンタカー あと、クルマの問題もあった

TORQUE G03で上記の写真を撮ったのだけれど、よく見ると向かって左のタイヤが細いのがわかると思う。パンクしてスペアタイヤにしたからだ。雪道ではかなり危険。この心配を取り除きたくて、電話で教えてもらった修理工場に行ったりもした。

クルマの修理工場で待つ地主 これで不安がひとつ消えた!

私は英語が話せないので、TORQUE G03で調べたり、写真を見せたりして、コミュニケーションを取っている。もしスマホがなかったら、なんにもできない。過酷な環境に行くなら、TORQUE G03の安心感ったらない。耐衝撃や耐荷重にも強い。壊れない安心感がすごい。タイヤが壊れないのがいちばんよかったけどね。

ゴールドラッシュをイメージしたお土産のお菓子を持つ手 ゴールドラッシュの話があったな…

アラスカはゴールドラッシュで栄えた場所だ。もしかすると今も砂金が眠っているかもしれない、川底に。川の中の様子が知りたい。半谷さんも言っていた。「水中の写真を撮ってほしい」と。オーロラがなくても、砂金があれば問題ないもんね。

雪原の中に流れる川を眺める地主 すでに寒いけど、
TORQUE G03のカメラモード「水中」をタップする様子 カメラモードを水中にして、
素手でTORQUE G03を持ち、川の水中にスマホを入れている様子 行くぞ!!!
素手でTORQUE G03を持ち、川の水中にスマホを入れている様子の引き ヤバい、
雪原でしゃがみ込み手をおさえて痛がる地主 痛い!
雪の中に埋まるTORQUE G03 TORQUE G03、落としたよ

カメラはモードを選べるのだけれど、そこに水中モードがあるので、それで撮影した。ただ水は冷たいを通り越して痛かった。カメラを水中から出すと手の感覚がもはやなくて、持っていられなくて落とした。でも、防水だし耐衝撃だし、TORQUE G03は大丈夫。私はダメだけど。

 TORQUE G03の水中写真 水中写真

砂金なんてない。あるのは寒さを通り越した痛さだけだ。もっといろいろな場所で撮ろうと思ったけれど、ちょっと本気で手がヤバくてやめた。TORQUE G03のタフさの問題ではなく、私の問題。TORQUE G03ほど私はタフではないのだ。すぐ風邪引くタイプなのだ。

 アラスカの博物館 博物館へ!

ずっと部屋にいると暗い気持ちになるし、朝から寝て日暮れ前くらいから、博物館に出かけたりもした。オーロラだけがアラスカではないのだ。グリズリーもまたアラスカだ。めちゃくちゃデカい熊だ。

 大きなグリズリーがTORQUE G03の液晶に入らない カメラに入らないレベル!

TORQUE G03の素晴らしいところは、ボタンひとつで「135°スーパーワイドアクションカメラ」に切り替えることができる点。つまり、広角になるのだ。一眼カメラの広角レンズとか実は高いので、ボタンひとつで切り替えられるのはすごい。同じ位置から撮影しても広い絵が撮れるのだ。

大きなグリズリーがTORQUE G03の液晶に全身おさまった様子 急に広い!
大きなグリズリーがTORQUE G03の液晶に入らない,大きなグリズリーがTORQUE G03の液晶に全身おさまった様子 左)ノーマルカメラ、右)135°スーパーワイドアクションカメラ

さぁ、オーロラです

結局自力で6日がんばって、オーロラ撮影はかなわなかったので、オーロラ観察の現地ツアーに参加した。ガイドさんがいると、より見ることのできる可能性が高くなるのだ、きっと。ということで、いよいよオーロラだ。

クルマの中でTORQUE G03をカメラに見せる地主 ツアーに参加して、
三脚を立てて雪原でオーロラをしゃがみながら待つ地主 オーロラを待ちます!

ツアーに参加したからと言って、すぐに見られるわけではない。より街の光が届かない、さらに空を遮るものがない開かれた場所で、オーロラを待つことになる。TORQUE G03でネットサーフィンをしながら待った。そして、いよいよそのときはやってきた。

緑色が強いアラスカのオーロラ オーロラです!
オーロラの出現に喜ぶ地主とうっすら出ているオーロラ 綺麗です!!!(薄っすら緑がオーロラです! カメラに写すの難しいんです!)

美しい、美しすぎる。シャッタースピードが15秒とか30秒とかで、かなり高感度で撮影している。三脚に設置して一眼で撮る感じだ。かなりの技術を要する。オーロラ撮影は難しいのだ。いちおう、TORQUE G03でも撮影してみた。

TORQUE G03で撮影したオーロラ ちょっと写った!(スローシャッターアプリ「Long Exposure Camera」を使用)

TORQUE G03というか、スマホの限界。ガイドさんもスマホでは難しいと言っていた。ああ見えてオーロラの光は弱く、しかも動き続けているので、かなり難しいのだ。これだけ写っただけでも、実はすごいのではないかと思う。

TORQUE G03でオーロラを撮影している様子 感動の時間だった!

あとはラクです!

オーロラは8時間ほど観察したけれど、強いものはほんの数分だけだった。ただ、その数分の感動はすべての苦労を忘れさせるものだった。タイヤのパンクも、私が暗くなったことも、水に手を入れたことも。しかし、安心するのはまだ早い。

カメラを乾燥剤とともにビニール袋に入れている様子 普通のカメラはこうです!

寒い場所から暖かい部屋へと電子機器を持ち込むと、結露で壊れるのだ。そのためにビニール袋に乾燥剤を入れて、そこに電子機器を入れて部屋に持ち込む。これを毎回やるので、かなりめんどい。ちょっと外に出るたびに毎回これをやる必要があるのだ。じゃないと気温差の結露で壊れるから。

ビニール袋に入ったカメラとそのままのTORQUE G03 でもTORQUE G03は大丈夫!

TORQUE G03はそこまで気にしなくてもいい。これがかなりラクだった。TORQUE G03のタフさのおかげだ。すべての電子機器をTORQUE G03みたいにしてほしい。じゃないと電子機器は壊れるから。やはり極地に行くのは大変なことなのだ。

温度差で地主のメガネが曇っている様子 メガネもすごい曇りですよ!

タフ=安心感

海外に行くとなにが起こるかわからない。ただ、現代は便利でだいたいスマホで解決する。逆にそのスマホが壊れるとだいたい解決しない。そんなときにTORQUE G03のタフさは安心感につながる。基本的に壊れにくいので、挑戦的な活動もできるからだ。また、私は「au海外旅行ほけん」に入っているので、最悪壊れたらそれで修理。ダブルの安心感はかなり心強いと思う。

フェアバンクス日の出・日の入を教えてくれるTORQUE G03 日の出、日の入りの時間に驚く!

文:地主恵亮

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん