2018/11/09

auへの問い合わせは電話でなくiPhoneの「メッセージングアプリ」が便利!

  • 25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
auのiPhoneのiMessageの問い合わせ画面

iPhoneを使っているときに、たとえば設定方法や、機種の買い取り価格についてなど、「ちょっとしたこと」を相談・確認したいときがある。

そんなときに頼りになるのがサポートセンターだが、電話がつながる時間が限られていたり、時間によっては混み合っていたりして、「気軽に」利用できない方もいるのでは。

そんな人にピッタリな新サービスが、auでスタートした「Apple Business Chat」を活用したメッセージングサポートだ。

iPhoneのメッセージングアプリ「iMessage」からコミュニケーターに質問

Apple Business Chatとは、アップル社が提供する“企業向けチャット機能”のことで、iPhoneやiPadのユーザーが、チャットを使って企業の担当者と直接連絡ができるというもの。

今回日本で初めて導入されたメッセージングサービスでは、iPhoneのメッセージングアプリ「iMessage」を使って直接auのコミュニケーターに質問ができるようになった。

たとえば「メールの初期設定を確認したい」「料金プランを見直したい」といったメッセージを送れば、コミュニケーターが会話形式で返事をしてくれる。電話での問い合わせのように時間を限定されることはないし、店頭に出かける手間もない。メッセージングアプリで気軽にミュニケーターとやりとりができるのだ。

利用している携帯会社に関係なく使用できる!

iMessageは、iPhoneやiPad間などでコメントを送受信できる無料のメッセージサービス(データ通信料は別途必要)。iPhoneにあらかじめインストールされているので、使ったことがあるという人も多いだろう。

メッセージングでカスタマーサポートイメージ

メッセージングサービスはauの公式サイトから使用できる。iOS 11.3以上のiPhoneまたはiPadでauサイト内のお問合せページや、iPhoneサービスページにアクセスすると出てくる、「メッセージで問い合わせ」をタップ(PCでは表示されません)。

auのホームページ、メッセージで問い合わせ

iMessage」が立ち上がり、これでコミュニケーターに問い合わせができるようになる。

iMessageの問い合わせ画面

実はこのサービス、ご利用の携帯会社に関係なく使用できるので、iPhoneユーザーはぜひ試してほしい。

最短数分で返信も!? 丁寧なコメントでわかりやすい!

では、実際にいくつか質問をしてみよう。フリーワードでコメントを送る。たとえば、「いま使っているiPhoneの下取り価格はいくら?」と、問い合わせてみよう。

iMessageの問い合わせ画面、iPhoneの下取り価格はいくら?

質問を送ったのは深夜0時28分。すぐに自動返信で「AM10:00以降にお返事させていただきます」と自動返信がきた。そして翌朝、10時04分には回答が! すぐに下取り機種がなにかを伝えるための、機種リストを送ってくれた。「iPhone機種」をタップするとさまざまな機種の画面が表示される。

写真から選択できる

写真の候補から自分の機種を選べるので間違いがなく、担当者にスムーズに伝えることができる。

iMessageの問い合わせ画面

早速、機種を伝えると「iPhone Xの下取り金額は63,720円です」(2018年10月時点)という回答が。あっさりと下取り価格がわかってしまった。その後、iPhoneの分割代金が残っていても、下取りは可能かどうも確認できた。

それにしても、対応が非常に丁寧でスムーズなことにも驚かされる。それもそのはず、回答コメントはauのサポートセンターのなかでもベテランコミュニケーターが行っているのだという。

iMessageの問い合わせ画面、料金プランの見直し

たとえば、「料金プランを見直したい」と質問すると、加入プランと不都合な点のヒアリングを丁寧に行ってくれた。さらに、こちらからは聞いていない適用期間についての説明まで補足してくれた。

これらの会話はiMessage内に履歴が残るので、時間が経っても過去のやり取りをすぐに確認でき、自分でメモを取る必要がないことも便利だ。

メールの初期設定など操作面の疑問も解決!

もちろん、「メールの初期設定」や「Apple Payの設定」といったiPhoneの設定方法や操作方法の質問にも答えてくれる

iMessageの問い合わせ画面、各種設定方法

メールの初期設定について聞いてみたが、手順が多いこともあり、auサイト内にあるメール設定方法のページのリンクを送ってくれた。リンク先に情報がまとめられているので、リンクを開いて操作・設定するとあっさり疑問点は解消。

iMessageの問い合わせ画面、各種設定方法

続いて、「Apple Payの設定方法」や「迷惑メールの拒否方法」なども聞いてみたが、同様に該当するサポートページのリンクを教えてくれた。

スクリーンショットや画像も送ることができるので、もしも作業でわからないことがあれば、その画面のスクリーンショットを撮影して送れば、コミュニケーターも理解しやすく、対応もスムーズになるはずだ。

iMessageの問い合わせ画面、画像送付

ちなみに、コミュニケーターの対応時間は10〜22時(年中無休、メッセージの送付は24時間可能)。返信までの時間は混雑状況で異なるようだが、「営業時間内の返信は2時間以内」と自動返信があり、体験した限りではスムーズだった。

実際に使ってみると、時間を気にせず質問を送ることができるし、仕事や家事と並行して「ながら」で質問できる点も便利。普段使い慣れているiMessageだから、気軽に質問ができる。なにより、コミュニケーターと友人のようにチャットでやり取りができるから、親密度があってより安心感が増すのだ。

「レスポンスが早い」「対応がフレンドリー」とユーザーも満足!

auのiPhoneのiMessageの問い合わせ画面

すでに利用したユーザーからも多くの満足の声があがっている。

  • ・電話での問い合わせのように待たされることなく、レスポンスも早くて拘束時間が短くなりました。隙間時間に質問できるところも便利なポイント!

  • ・こちらからの質問に対して丁寧に対応していただき、まるで店頭でスタッフの方に対応してもらっているようでとても安心感がありました。

  • 知りたいことに的確に答えていただけたので満足しています。24時間質問を送れるので便利!

  • ・ちょっとした疑問でも店舗に行ったり電話をしたりすることなくすぐに解決でき、不安が解消されました。

  • ・リンクを付けてくれるのもわかりやすいですし、対応もフレンドリー。問題もばっちり解決できました!

このようにユーザーの満足度も高く、iMessageの慣れた操作で質問ができ、すぐに答えがもらえるなど、使ってみると想像以上に便利である。

iPhoneで困りごとがあったときはもちろん、知り合いや家族でiPhoneに詳しくないユーザーがいる場合、こちらのサービスの利用を勧めてあげるとよいだろう。

文:鈴木雅矩(スズキガク)

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん