2018/07/13

名前は知ってるけど実際やったことない「バードウォッチング」をやってみた

  • 167
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

なので、早速ですがやってみたいと思います

 

 

 

 

 

 

やる人は私、まきのです。WEBライターの中で最も鳥の巣のような頭をしているので、記事書き人間として白羽の矢が立ちました。場所は井の頭公園。面積約43万平方メートル、樹、水、空、地、命、花、愛、ここには全てあります

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは、auから最近出ためちゃ良いAndroid端末「Galaxy S9+」。カメラの機能がけっこうスゴイみたいなんで、鳥の姿をこのカメラで捉えながらバードウォッチングを楽しみたいと思います

 

 

とはいえ、素人が何も知らないままにバードウォッチングをやるのはアレなので、詳しい人をお招きしました

 

 

 

 

 

 

とりース!本日はよろしくお願いいたします!

おお…!あなたがバードウォッチングのプロ「馬亜土魚 珍宮(ばあどうお ちんぐう)」先生ですね!?やっぱりバードウォッチングみたいな名前なんですね…

いや、そんな名前じゃないです

え…?

プロバードウォッチャーの永井と申します。「♪鳥くん」名義で鳥に関する様々な活動を行っています

 

 

 

 

今回のために、プロバードウォッチャーの♪鳥くん先生をお招きしました。やはり鳥にはめちゃくちゃ詳しいみたいなので、一緒に公園を回っていきます

 

早速質問なんですが、バードウォッチングをやるにあたって気をつけることはありますか?

やっぱり鳥の声を聞こう、姿を見よう、楽しもう、と思う気持ちが大事ですね。服装に関しても結構自由なんですよ

なるほど〜大事な心がけだ…。あと服装って割と自由なんですね。今日は鳥に刺激を与えないように割と落ち着いた感じなんですが

 

 

 

 

 

 

この、自然界では警戒色とされる真っ赤で、妖怪がしゃどくろの絵が描かれているTシャツでもOK、ということなんですか?

まあ大丈夫ですね。色というより、動き方が大事ですから

 

 

 

 

 

 

一番気に入っているお寿司のTシャツも?

大丈夫です

 

 

 

 

 

 

6つの白目から涙を流しているどぎつい配色の女の人の顔が描かれているTシャツでも?

どこで買ったんですか?

 

 

 

 

 

■早速鳥を見よう

しょうもない小ボケはさておいて、この辺は良さげな鳥いますかね?恥ずかしながら今まであまり意識してなかったので、ハト、スズメ、カラス程度にしか印象になく…

鳥を見ようと思いながら歩いてる人は少ないんで、それは当然かと思います。が、この季節でもそれなりにいますよ。何ならほら、そこにいます

え?

 

 

 

 

 

 

嘘みたいにいた

あれはカワウですね。飛び立つ前に撮っちゃいましょう!

はい!

 

 

 

 

 

せっかくなんで、Galaxy S9+で撮ってみました

 

 

 

 

 

これがズーム無しで撮ったやつ。これが…

 

 

 

 

 

ここまで寄れる。普通にすごい

 

撮れました!めちゃズームできる!

イイですね!そしてさらに、池にカイツブリの親子が泳いでます!

カイツブリ?

 

 

 

 

 

 

どこぞ…

この双眼鏡を使ってみてください

 

 

 

 

 

どれどれ

 

 

 

 

 

 

いる〜〜〜!親子で泳いでる〜〜!かわい〜〜!!!

親が潜って餌を獲って子にあげるところも見られるかもですね

 

 

 

 

 

■バードウォッチングのこと、いろいろ聞いてみよう

 

言うてる間にハト・スズメ・カラス以外の鳥が即見つかりました。やっぱり意識してなかっただけですね

そうですね。でも実は初夏〜夏はバードウォッチングの季節じゃないんですよ

えっそうなんですか。さっき「この季節でもそれなりにいます」って言ってたのは気になりましたが

まず木に葉っぱが生い茂っていて枝に佇んでいる鳥が見づらいというのと、シベリアからたくさんの鳥がやって来るのが冬なんです。なのでメインの季節は冬の寒い時期ですね

なるほど〜。ですがご安心ください。もし鳥がいなかった時のために一応準備はしてきました

そうなんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?

じゃあ池の周りをぐるっと回ってみましょうか

はい

 

 

 

 

 

 

ワ〜さっきのカイツブリの子どもたちが泳いでいる〜〜おきゃわ〜

親はエサを探して水に潜っているようですね

 

 

 

 

 

 

というか、普通にバードウォッチングしてる人が多い!

そうなんですよ〜嬉しいことですね

写真とらな…

 

 

 

 

 

>ピヨピヨ

 

あ〜逃げちゃった

写真を撮る時の動き方はやっぱり注意が必要ですね。鳥は人間の何倍も視力が良いし、視野も広いんです。カメラを構える動きでも自分が思ってるよりずっとゆっくりやらないと、警戒して逃げてしまいますから

なるほど。確かに

 

 

 

 

 

 

じゃあこんな感じでジャニーズみたいにうちわを作って応援しまくるのはあまり良くないですね…。一応用意してきたんですが…

うちわの大きな動きはものすごく警戒してしまうので、それだけは絶対にやめましょう!

 

 

 

 

 

 

余談ですが、裏は「さえずって♡」となっております

目が怖いです

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、さらなる鳥を求めて歩きます

 

♪鳥くん先生は鳥にハマったキッカケってなんなんですか?

シンプルなんですが、カワセミを見てですね。あの美しいフォルムに飛ぶ姿ですっかり鳥にハマっちゃいました

あ〜あのホバリングするやつですよね

 

 

 

 

 

カワセミ(※♪鳥くん先生より提供)

 

 

確かにキレイですね〜。でもこういう写真みたいに、こんなに至近距離から撮るのってかなり難しいんじゃないですか?

根気よく待つことが大事ですね。あとは鳥の動きを読んで「次はこの辺に行くだろうな」って予想して張っておくこともあります

ほげ〜そうなんですね。長年のカンだ

あとはやっぱりものすごいズームが出来る望遠レンズを使うとかですね。そんな中、この辺はいますね。わかりますか?

 

 

 

 

 

 

いる…?

いや、地面です

 

 

 

 

 

 

あっほんとだ!二羽いますね

あれはムクドリです。地面に潜む虫を探しているのかも

 

 

 

 

 

シジュウカラもいますね

あ〜〜〜。チョコチョコ動いてかわいい…どの鳥も…

そうなんですよ〜。見つけた時に興奮しちゃって、"バードレナリン"も出ちゃいます〜

 

 

 

 

 

 

あとはヒヨドリもそこに!あと鳴き声だけですがエナガもこの近くにいますし高いところをワカケホンセイも飛んでましたよ

すごい!めちゃいるし、鳴き声やシルエットだけで鳥がわかるんですね。どうやってそんなにすぐ判断できるようになったんですか?

う〜ん。やっぱり単純に好き過ぎるから一瞬で覚えちゃうんですよね。他で例えてみればいいですが、アイドル好きな人がすぐにアイドルの顔と名前が判別できるようなものです。僕はその代わり人の名前は全然覚えてられませんが…

なるほど、確かに僕も好きなゲームのことはすごく覚えてます。ヴォイドロード、ドゥームガード、肉食キューブ、名前を聞いただけでマナコストや雄叫び性能、スタッツがすぐに言えますもんね

???

いえ、忘れてください

 

 

 

 

 

 

その後も水辺で静かに待ちます。声はすれども姿は見えず…

 

 

 

 

 

 

木々のざわめき、水のせせらぎ、そして鳥のさえずり。普段の生活では流されてしまうような小さな「自然の音」にも注意深く耳を傾けます。これもバードウォッチングの醍醐味なのかもしれませんね

 

 

 

 

 

♪鳥くん先生も真剣そのもの

 

 

 

 

 

 

しばらくこの場所で粘ってみましたが、姿を捉えられたのはカルガモのみでした。でも待ってただけあってこいつもまた可愛く見えてくる〜〜

 

それにしても、バードウォッチング楽しいですね!やってみて初めて分かるこの楽しさです

そうなんです!伝わってとても嬉しいです

自然の中で動き回る鳥達のかわいさも良いですし、何よりとても健やかな気持ちになりました!

ありがとうございます。また明日から東北でバードウォッチングをしに行くんですが、こちらも元気をもらえました!

 

 

 

 

 

 

というわけで本日は以上!1時間程度でしたが、かなり楽しむことが出来ました。見る専門としてカメラにこだわりが無ければ道具を揃える必要がほぼ無く安上がりでできますので、趣味としてかなりハードルは低いかなと思います。自然と一体化する感覚も普段なかなか味わえない喜びに満ちあふれておりました。是非是非お試しください

 

 

 

 

 

■本日使ったau2018夏モデル「GalaxyS9+」はここがスゴイ!

 

さて、今回の撮影で少し使ったauの端末「Galaxy S9+」は、5月に発売された新モデルで、カメラの性能がめちゃめちゃすごいやつです

 

 

 

暗い場所でも鮮明に撮影できる「スーパーローライト」、明暗を自動で判別して最適な写真を撮ってくれる「デュアルアパチャー」、ズーム時も光学手ブレ補正でとにかくキレイに撮影可能です。バードウォッチングの時も10倍ズームでいい感じに撮影できますよ

 

 

 

 

 

こんな感じで背景をいい感じに背景をボカすこともできますよ

 

 

 

 

 

さらに6.2インチの有機ディスプレイに極上のサウンドシステムで、スマホで映像を閲覧するのが当たり前になった時代にピッタリ。鳥を待ち構えてる間に動画やテレビも楽しめるという寸法です。まずは店頭でその性能をチェックしてみるとよいでしょう!

 

>>Galaxy S9+の詳細はこちらから<<

 

 

 

 

 

先生…ところで、一つだけ分からない鳥がいたんですが、何かわかりますか?

はい、何でしょう?

 

 

 

 

 

 

これです

 

 

 

 

 

 

なるほど、これは…ラード(豚脂)ですね

つまり、これがほんとの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん