2018/06/15

カントリー・ガールズがケータイ対談 「Android家族」に機種変更問題が勃発?

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ケータイとハロプロの歴史を振り返る

1988年、IDO(当時)からショルダーフォンが発売され、auケータイの歴史は始まりました。緊急時にでも連絡が取れるツールとしてコミュニケーションのあり方を劇的に変え、また当時は社会的地位の高い人たちのステータス(?)としても認知されていました。それが、たった10年後には“若者のコミュニケーションツール”へと進化していったのです。

ちょうどその頃にハロー!プロジェクトが誕生。のちに日本アイドル界の中核をなす一大ムーブメントへと発展します。

2018年、ショルダーフォン登場から30年を迎えたauと、20周年を迎えたハロー!プロジェクトがコラボレーション。ケータイの進化の歴史を現役ハロプロメンバー総勢46名と振り返る「auハロプロケータイ図鑑」を公開しました。

そこで「TIME & SPACE」では、全6回にわたって各グループの「ケータイ座談会」をお届けします。「ケータイとわたし」をテーマに、みっちりお話しを聞いてきました。

「ケータイのサイドについたポッチを押すとシャキーンって開くのが大好きで!」と山木梨沙さんが昔のケータイを振り返ると、「私はキッズ向けケータイだったなー。それも電話もメールも家族としかできないやつで」という小関舞さん。

カントリー・ガールズの山木梨沙と小関舞がケータイについてサシで語る カントリー・ガールズ座談会の出席者は、他グループと兼任していない山木梨沙さん(左)と小関舞さん(右)。みっちり対談してもらいます

カントリー・ガールズのマイ・ファーストケータイ

山木「ホント、横のポッチを押して、ことあるごとにシャキーンって開いてました。買ってもらったのは小6の3月、中学受験が終わったご褒美でした。今も好きなんですが、子どもの頃からピンクが大好きだったので、ケータイを選ぶ条件はピンクなこと。あとはボタン押したら「シャキーン!」って開くこと。ドラマでそういうシーンがあって、すごく憧れてたんです。」

古いケータイを懐かしむカントリー・ガールズ山木梨沙

小関「私のファーストケータイはキッズ向けのものでしたね。小学3年生のときに、習いごとに通っていたところが家から遠かったので。」

――習いごとはなんですか?

小関「劇団みたいな、演技を勉強するところです。電車に乗っていくので、お母さんと連絡をとらなくちゃいけなくて。」

――小関さんのキッズ向けケータイは家族専用でした?

小関「そうなんですけど、ずっと交渉はしてたんですよ。友達と電話したーい! って(笑)。でも、すごく冷静に「それは必要ないよね!」って却下され続けて。」

キッズ向けケータイからお下がりケータイへと進化した思い出を語るカントリー・ガールズ、小関舞

――一方、山木さんは小学生のときからピンクのキラキラケータイを使ってたんですよね?

山木「はい(笑)。」

――小関さんがキッズ向けケータイを脱却したのはいつですか?

小関「小6です。といっても、お母さんのお下がりのケータイに、キッズ向けケータイのSIMカードを差し替える、みたいなやり方でしたけど。それでも嬉しかったですよ。」

山木さんはAndroid一家の出身

山木「私、Androidだったんです。家族もみんなAndroid一家だったので……。」

――Android一家って(笑)、人間じゃない家族みたいですね。

山木「あ、ホントだ(笑)。まあ、それで私も自然とAndroidにしていたんですね。でもカメラの色味とかがiPhoneのほうが好きだったから、メンバーから借りて写真撮ったりしてたんです。アイドルなのでブログとか書くんですよ(笑)。」

機種変の話で盛り上がるカントリー・ガールズ山木梨沙と、軽く突っ込む小関舞

――なるほど。

山木「それで、毎回みんなにiPhone借りるのも申し訳ないなと思って、この前、ついにiPhoneに変えたんです。はっきり言っておきたいんですけど、Androidに不満はありません。私、自分がAndroidであることに誇りを持って生きてきました(笑)。」

小関「(笑)。」

――いつ変えたんですか?

小関「ほんと最近だよね?」

山木「1カ月以内かな? 」

小関「それもiPhone X(笑)。」

カントリー・ガールズ山木梨沙のiPhone機種変更問題に言及する小関舞

山木「そうなんだよね(笑)。私、手が小さいからAndroidも小さめのモデルを選んで、片手で操作できるようにしてたのに、なんだか勢い余って「X」を選んじゃって。実はまだ使い方も把握してないし、操作するのに四苦八苦してるんです(笑)。 」

●メンバーのスマホから
〜山木梨沙〜

カントリーガールズ・山木梨沙の愛猫ショコラ 愛猫のショコラ。わたしのベッドに乗って寝始めたので、可愛くて撮っちゃいました(山木梨沙)

機種変したことを告白できないでいる

山木「今まだ、iPhoneXにしたことをちゃんと発表してないんですよね。 」

小関「あ、そうだね!」

山木「モーニング娘。'18の石田亜佑美さんと野中美希ちゃんと、この前ふとケータイの話になって、「やっぱりSDカードで容量増やせるし、赤外線もありますしねー」って。 」

――ああ、Androidの特徴ですね。

山木「それですごく「キュン!」ってなったんです。「石田さん! 美希ちゃん!」って、手を取り合わんばかりに。でもやっぱり機種変してしまいました……。」

PCで「ケータイ図鑑」ウェブサイトをチラ見してからインタビューに答えるカントリー・ガールズ山木梨沙と、小関舞

――石田さんと野中さんには告げたんですか?

山木「言ってません……。でも石田さんは、一緒にいるときに私がiPhone触ってるのは見たかも。だから、すでに気づかれてるかもしれません。でも、とくに責められることもなくて。むしろ申しわけない気持ちでいっぱいなんです!」

小関「気にしないほうがいいよ(笑)。」

ももち先輩からの教え? ケータイは見られないように

――カントリー・ガールズは、森戸知沙希さんがモーニング娘。’18。、船木結さんがアンジュルム、梁川奈々美さんがJuice=Juiceと、メンバー5人中3人が兼任ですよね? そんな状況ならではのケータイの使い方とかあります?

小関「特に変わった使い方はないですね。でもやっぱりライブとかがあると、当日の朝に「今日の荷物なんだっけ?」とかやりとりしますよ。」

山木「ケータイの使い方ではないんですけど、兼任しているメンバーがいることによって、いろいろな情報がものすごくカントリー・ガールズに集まってくるんですよ。」

――あー、なるほど。

山木「だからハロー!プロジェクト全体での活動があるとき、ふと「明日ってこれでいいんだっけ?」みたいなことを、私はカントリー・ガールズ目線で聞くんですけど、そこにモーニングやアンジュやJuiceの情報が乗っかって返ってくるんですよね。」

小関「あ、「あっちではこう言ってた!」みたいなね。」

山木「そうそう。4グループ分の情報が瞬時に集まるんですよね。だからすごく最先端な感じがします。」

――ほかになにか、アイドルとしてケータイを使うときの心構えとかあります? たとえば、ももち(嗣永桃子)先輩とかが言い残していったことはありますか?

小関「そうですねー。スマホの画面には、周りから覗かれないようなフィルムを貼るとか。それは、ももち先輩も使ってましたね。私なんか全然気にしてなかったんですけど、先輩を見て気をつけるようにしました。」

●メンバーのスマホから
〜小関舞〜

カントリー・ガールズ小関舞がプライベートのケータイで撮影した画像 先日、家族でスケートに行きました! スケートって難しい! と改めてわかりました(笑)。でもすっごく楽しかったです!(小関舞)
アイドルならではのケータイの使い方を語るカントリー・ガールズ山木梨沙と、小関舞

山木「個人的には覗き見防止シート×照明の暗さに気を遣ってますね。プライベートでの通学中とかは満員電車なので、いろいろな角度からケータイの画面が見えちゃうじゃないですか。だから、すごく慎重に使ってます。「カンニングしてるんじゃないか!」ってぐらいのアングルでチラ見しながら打ち込んでます。」

やってくるケータイの未来。どんなライフスタイルで楽しみ、どんなグループでいたいか

――さて突然ですが、ケータイはこれから5Gの時代がやってきます。今の10倍、多くの人やモノにつながることが可能で、早さも20倍になって、ネットの向こうとこっちでの遅延がほとんどないという、次世代のモバイルネットワークですね。そんな時代が来たら、どんなライフスタイルが待ってると思いますか?

意外なガラケー愛を告白するカントリー・ガールズ山木梨沙と、ガラケーには一切こだわりがない小関舞

山木「でも、なんだかんだ言って、私はガラケー好きなんです。今でもガラケーに戻したいぐらいで……。ガラケーからスマホにするとき強烈な寂しさに襲われましたからね。SNSさえうまく使えれば、すぐにでも、あの二つ折りタイプの電話機に戻したいです!」

――すごい愛ですね! ガラケーのどこがそんなに好きなんですか?

山木「ボタンを押す感覚。あと二つ折りにすることで画面が保護されるから割れないし、見られないし、メールというフォーマットも好きでした。」

――5Gへ期待する点は?

山木「回線が速くなったり、たくさんの人と同時につながったり。そうして成長することで欠けていく部分がない。カントリー・ガールズもそれと同じように成長したいです。「あー、ここは前のほうがよかったな」って言われたくない。「すべてが昔より完全に成長したよね!」って言われるような未来へ進んでいきたいです!」

小関「あ、かっこいい……。」

――たしかに。では小関さんもかっこいいコメントをお願いします。

小関「はい、そうですね(笑)。私は今年16歳になって、カントリー・ガールズは4年目に入りました。自分自身も気づかないうちに歳月が過ぎていたんですけど、毎年、全然違うかたちで充実していました。だから、今年も違うかたちでの成長が見せられればと思います。それで、来年からは5年目です。だから、今、梨沙ちゃんが言ったように欠けることなく、未来へ成長していきたいと思います。」

古いケータイを手にポーズを決めるカントリー・ガールズ山木梨沙と小関舞

「auハロプロケータイ図鑑」ではハロー!プロジェクト全グループの撮り下ろしカット満載、今年の新モデルも含めたauケータイの一覧を見ることができますので、ぜひ楽しんでくださいね。

カントリー・ガールズ最新情報

「Hello! Project 2018 SUMMER 〜ALL FOR ONE〜」「Hello! Project 2018 SUMMER 〜ONE FOR ALL〜」開催

ハロー!プロジェクト夏のコンサートに、モーニング娘。'18 、アンジュルム、 Juice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリーにハロプロ研修生たちとともに出演。

7月14日の大阪・オリックス劇場を皮切りに9月1日の広島文化学園HBGホールまで、全7ヶ所、13日程、19公演。詳しくはオフィシャルサイトをご確認ください。

auハロプロケータイ図鑑プレゼント企画(7月2日まで)

世界に1台! ハロプロメンバーのサイン入りのディスプレイカード付「INFOBARトランスフォーマー」を、ハロプロメンバー数と同じ46名様にプレゼント!

 

応募フォームに下記の合言葉をご記入の上、ご応募ください。

合言葉:スッペシャル!

応募はこちら

おもいでのケータイ教えてください!

TIME & SPACEのコミュニティでは、auハロプロケータイ図鑑にちなみ、みなさんが今まで使ってきた中で、おもいでに残るケータイを募集しています。

文:武田篤典
撮影:瀬谷壮士

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん