ゲンバダマシイ

2013/05/13

千吉良美峰 KDDIサービス企画本部 ライフデザインサービス企画部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入社4年目にして、最先端のサービス「O2O」実証実験に携わる。KDDIサービス企画本部 ライフデザインサービス企画部 千吉良美峰(ちぎら みほ)

有志で集まった検討会が認められ、O2O実証実験プロジェクトが立ち上がる

2013年5月13日、東京都町田市にあるオープンモール型ショッピングセンター、グランベリーモールで、KDDIが参画する「O2O(Online to Offline)」サービスの実証実験が始まった。
「O2O」とは、インターネット(オンライン)と実店舗(オフライン)を連携させる仕組みを指す言葉。6月27日までの実験実施期間中、グランベリーモールでは、スマートフォン向けに商品情報アプリとクーポンアプリを無償提供。モール内でWi-Fiをオンにすれば、お得で役立つ情報が即座に得られる。KDDI、三井物産、大日本印刷、東急モールズデベロップメント、イッツ・コミュニケーションズの5社とモールの全店舗が一丸となって取り組む大規模な実験だ。

「KDDIが提供する〈すなっぴん〉は、各店舗の雰囲気や最新のお薦め商品が分かるアプリです。トップ画面は写真のみで、雑誌感覚で眺めるだけでも楽しめるアプリになっています」
そう話すのは、KDDIサービス企画本部 ライフデザインサービス企画部の千吉良美峰さん。実験に加わっているKDDIのO2O担当チーム5名の中で最年少、かつ紅一点だ。

すなっぴん開発に当たっては、実験のターゲット・ユーザー世代の千吉良さんは、上の世代なら盛り込みたがる機能を減らすことを追求した。
「実際に使うときに機能が多過ぎても使われないと思い、『できるだけシンプルに』と言い続けました。アプリの見た目のかわいさといった点でも、すごく口を出しました」
こういった忌憚のない意見こそ、他のチーム・メンバーが若手である千吉良さんに求めていたことだった。

KDDIでは、1年以上前から法人向けソリューション部門がO2Oに取り組んできたが、昨年春からO2Oをコンシューマー向けサービスとしても広めるため、部門の枠を超えて、O2Oプロジェクトのための検討会が始まっていた。千吉良さんが関わるようになったのは、「好きなことを言っていいから」と、この検討会に誘われた昨年5月のこと。
「もともと男性5人で始めた勉強会で、メンバーの年齢も少々高め。それで、ファッションのような分野で具体的なサービスの企画を考える際に、『ターゲットと同世代の女子が必要だ!』となったそうで、新しいことを面白がる私に声がかかったのだと思います」
実はこの検討会、千吉良さんが参加した当時、メンバーそれぞれ他の業務を抱えながら取り組んでいる状態で、所属部門もグループもバラバラの変則的なチームだった。そのため、昼休みに集まり、お弁当を食べながら、「こんなサービスがあるといいね」といったざっくばらんな話に終始することもあったとか。
「他の業務と掛け持ちでも、辛いと思うことはありませんでした。むしろ、雑談で出たユーザーとしての視点を大事にしたことが、アプリやサービスの仕様決めでは役に立ちました」
実は千吉良さんの参加以前から、KDDI、三井物産、大日本印刷の3社の間で、実証実験の模索も始まっていた。だが、KDDI内ではまだ承認が得られていなかったため、「この部署の力を借りられないか」「この会社に知り合いがいる」などと、メンバー個人の人脈を頼りに話を広げ、実証実験に向けて準備を進めていった。
このプロジェクトに千吉良さんが強く惹かれたのは、自分の意見を尊重してくれるチームの雰囲気と、「自分が思い描いていたサービス企画を体現できるチャンスがある」と感じられたため。さらに「『若いのだから、新しいことをしたいならどんどんしなさい』と、挑戦に好意的な上司や先輩からサポートをたくさん受けられた」ことにも背中を押された。

そして今年4月に、千吉良さんが現在所属しているライフデザインサービス企画部ライフイノベーショングループが新たに発足。プロジェクトのメンバーが、一つのチームとしてO2Oに携わることとなった。
「有志で集まって検討していたことを本当に会社に認めてもらえて、ビックリしたのと同時に大きなやりがいを感じました。『こういうことができる会社なんだ』と思うと、すごくうれしかったですね」

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

TIME&SPACEの最新記事をチェック!